『社会人のためのやりなおし経済学』

最近、経済書の翻訳をやったことと、ニュースの翻訳を再開したことで、改めて経済について勉強しなきゃなあと思い始めました。

数年前、半年間限定で、ある機関にフルタイム勤務していた頃、朝の時間を利用して経済関係の本を何冊か勉強したんですが、そのときは貿易について知りたいと思っていたので、経済の基礎についてはあまり理解できず、しかももうすっかり忘れています。

何の本を読んだらいいか、やっぱり日本経済新聞に聞いてみようとサイトを見ると、少し古いですがこんな記事を見つけました。

経済の仕組み改めて勉強 GWにすらすら読める7冊

素直にお勧めの本を読んでみました。

結論。本当にわかりやすかった!

売り文句どおり、ほとんどグラフや数式を使っていないのもさることながら、同じことが何度も何度も丁寧に説明されていて、経済の知識を持った人には回りくどく感じるかもしれませんが、私のようなド素人の頭にしみこんでくる本です。

とりあえず通読しただけですが、重要な単語には色がついているのでそれをリストアップして索引を作り、手元において必要な時に参照できるようにしておこうと思います。

あと、おまけ。説明の途中につっこみを入れる(質問をする)男の子が出てきますが、その表情とセリフがまさに私の聞きたい気持ちと内容を代弁してくれていて、めっちゃ可愛いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です