陝西省歴史博物館

朝、眠っているルームメイトを起こさないようにして、陝西省歴史博物館に行ってみた。

きっぷ売り場で中学生らしき20人くらいの団体がきっぷを買っている。授業でもないのに、日曜日の朝から中学生がこんなに大勢で博物館にくるなんて、日本じゃ考えられない。

中はとにかく広かった。5つの展示室を回り終わったら3時間くらいかかった。展示物が多すぎて何を見たのかよくわからない。しかも腰が痛い。

おもしろかったのは鐘。8つセットになっていて、正面をたたいたときの音の高さと側面をたたいたときの高さが違うらしい。音の高さに漢字で名前がついている。くわしい知識がないからどんな調なんだかわからないけど、ぜひ聞いてみたいものだ。

あとは碁石。緑のガラスのものとメノウのものがあって、どっちかが黒でどっちかが白なんだろう。大きさとしてはちょうどアイスクリームの「ピノ」くらいで、頭がとがっている。打つのはちょっと重そう。

青銅や陶磁器のさまざまな器があって、「礼器」「食器」「酒器」などと分類してあり、さらにそれぞれの器に名前があるのだが、その漢字が見たことのない字で、たぶんふだんは使わないらしく、説明書きの活字もなんだか切り張りして作ったみたい。なんて読むんだか、もちろん全然わからない。普通の中国人はわかるのかなあ。

外国との交流というテーマのところに「和同開珎」が展示してあった。中国で出土したものだそうだ。歴史、である。となりにアラビアの貨幣やペルシャの貨幣もある。日本って外国なのね。

ここ2、3日あったかいと思っていたら、今日は一転して寒い。フリースにレッグウォーマーでぶくぶくになって授業を受けていたら、雪が降ってきた。

雪や雨になると出かけたくなるのはなぜだろう。

1回でぶっこわれた100円ショップの傘を無理にさして、片道30分も歩いて本屋まででかけた。

焼きとうもろこしの屋台の湯気、ビニール袋をかぶって歩いているおじさん、かっこつけて歩いてたらタイルで滑っているおねえさん…

むしょうに楽しかった。

ウイグルの女の子

日本語を勉強しているウイグル族の女の子と仲良くなった。

にこにこして礼儀正しい。ウイグル族は漢族よりも日本人に近いと思う、と言っていたけど、うなずける。

もう一目で新疆!!という顔立ちで、歩いているとき同じウイグル族の知り合いとばったり会ってウイグル語で話しているのを聞いていると、「シルクロードに来たのね」という感じがした。

トイレで

今日、レストランのトイレでおもしろい張り紙を見た。

来也匆匆, 去也冲冲

流さないで行っちゃう人、多いんだろうなあ。

それにしても面白い書き方するもんだと感心してしまった。やるなあ…

イタリアン?

食堂のメニューに、トマト味のものが多い。

今日は、ニョッキのような面(なんて言うんだっけ…)を野菜と一緒にトマトで煮込んだ料理があった。食べてみたら、うっすらとミネストローネ。「これはシェル型マカロニだ」といい聞かせつつ食べるとそう思えないこともない。

こんなにトマト味がいろいろあるのは西安だけ? ほかの土地でもそうなんだろうか。