訓練発音

私の最初の教室は往復はがきで応募する、タダ同然の「区民講座・中国語」でした。先生は大学在学中の帰国者で、たぶん中国語を教えた経験もあまりなく、半分ボランティアだったんだと思います。どちらかといえば優しげな、もの静かな男の先生でした。

その講座は平日の昼間だったせいか、中高年の主婦とリタイアした男性が全体の約90%で、同学たちは発音がとても苦手。経験のある人がいると思いますが、こういう場合、日本で長く中国語を教えている中国人は適当なところで発音をきりあげてしまうことがあります。しかし、私たちの先生は教えることにすれていなかったし、主催する区は予定の半年でテキストが終了しなければ、あっという間にもう半年延長してくれる太っ腹だったので、1年間というもの授業の3分の2は発音練習ということになってしまいました。

こう書いてみるとどんなに退屈な授業だったんだろうという気がしますが、実際には不思議なことに、私はその授業をつまらないと思った記憶は全くありません。

当時を思い出してみると、多分先生は発音を徹底的にやることについて、何か信念があったわけではないと思います。ただ単にネイティブとして聞いたとき、生徒の発音がわからない、わからないから練習させるというだけだったのだろうと想像しているのですが、結局それは外国語学習の発音についての基準を端的に表していないでしょうか。つまり、聞いてわからない発音はダメだということ。

発音がうまくなるには自分の口を使って繰り返すしかありません。そしてこの練習は1人でやるのはつらく、誰かに機械的にやらされる方が楽で、スポーツの基礎訓練によく似ています。基礎訓練をうまく飽きさせずにやらせることのできるコーチはいいコーチ。そういう意味で私の最初の先生はとてもいい先生だったとつくづく思うのです。