勉強法いろいろ

力のついた聴写

今の教室に入ったとき、メインの学習は聴写でした。例えばNHKラジオ第2放送で午後1時からやっている中国語ニュース。先生が教材として適当なニュースをピックアップし全員分テープにダビングしてくれるので、それをノートに書き取っていきます。

聞いたことがある人は知っていると思いますが、1本のニュースは1分くらい。やりはじめの頃は1本を書き取るのに1時間以上かかりました。日本のニュースだから何を言っているのかは想像がつくのに、結局はしょせん想像にすぎず、毎週語彙のなさを痛感しました。

もし中国人と互相学習をするなら、自分で中国語ニュースを録音して書き取り、学習相手の中国人にテープを聞かせてみてもらえばいいし、相手の人にも同じような方法で日本語のニュースを書き取らせてみてあげれば、こちらもきちんとした日本語の勉強になりそうですね。勉強法としては古典的で単純ですが、ニュースの題材をうまく選べば、それについてディスカッションをするなど、レベルの高い勉強に発展させることもできるのではないでしょうか。

サイトラ

これは、ずっと以前の教室でやった練習。当時は知らなかったのですが、サイトトランスレーションです。

私は当時のレベルよりはちょっと易しい作文の問題集を使いましたが、1回やったことのある問題集でもいいと思います。予習はせず、授業で問題を見てその場で口頭で中国語に訳していきます。間違ったり、中国語の単語がわからなければ先生がその場で直してくれます。

最初は直されたことをメモしていたのですが、そのうち書いている時間がもったいなくなって、授業の様子を録音しておいて、あとで問題集をみながら自分はどう訳しているかを書き取り、先生に直されたところを赤で書き込んでいくやり方に変えました。

書き取る作業はちょっと面倒ではありましたが、予習はしなくていいわけだし、同じ問題を2回やることになるのでこのやり方は非常によかったと思います。次第に自分の訳し方のくせや、よくやる間違いなどがわかるようになってきますし、自分のしゃべっているのを聞くので、発音が自分が思っているよりヘタなことも思い知りました。

もちろんこれは誰にでもできることではなくて、日本語も堪能な先生にマンツーマンで教えてもらっていてこそ、この練習ができたのでしょう。でも1人でやるのが苦にならなければ、自分で自分の訳をテープにとって聞くだけでも、訳せなかった単語のチェックとか、間違いやすい声調とか、勉強になることは多いと思います。

映画を聞き込む

授業で映画のリスニングをしたことがあります。教材は『芙蓉鎮』。結構長い映画ですが、何ヶ月もかけて最初から最後まで聞きました。

字幕は画面に紙を貼ってかくします。場面場面で適当に切り、まずはどんな会話だったかわかる範囲で答えます。たいていは全くわからず、概要が言えればいいほうで、台詞をそのまま中国語で言えたりするともう大喜び。

その後、何回か同じ場面を見て、みんなでわかったところをつなぎ合わせながら先生に正解を教えてもらったり、時にはだいたい何と言っているか先に教えてもらってキーワードを聞き取る練習をしたり、いろいろなやり方で聞きます。
そしてその後、先生手作りのスクリプトのうち該当の部分をもらい、解説を聞いて、もう1回映画を見て、終わり。とにかく楽しい授業でした。

私はその教室を事情があってやめてしまったのですが、映画のリスニングはその後も続いたそうです。ある時先生からいただいた手紙に「もう4本目の映画に入りました。みんなすごく聞き取れるようになりました」と書いてあるのを見て、続けたかったととても残念でした。

私はこの授業で語学は総合力だとつくづく思いました。映画は耳だけではなく、目からも情報を得ています。聞き取れないのに想像がつくこともあります。また映画の背景となった中国社会についての知識がなければ、逆に聞き取れているのに言っている内容が理解できないこともあります。言葉は言葉だけで成り立つものではないんですね。

最近は中国語字幕の入ったVCDが香港などで手に入るようです。こんなふうにして見た1本は、きっと忘れられない1本になると思います。

ネットを使った勉強

私が大学生だった頃や中国語を勉強しはじめた頃と比べると、ネットの発達によって外国語の勉強はずいぶん様変わりしました。教材には事欠かないし、あの頃は考えられなかったネットラーニングもできるようになりました。

以前私がやっていたのは、とてもシンプルな、メールを使った通信講座。ピンインで書かれた課題を受け取り、漢字に直したうえで日本語に訳して送ります。正しく漢字に直せていなければ訳も違ってくるというわけ。

中国語の音と日本語を結びつける、通訳練習を文字でやるというものなのですが、最初はピンインを漢字に直すのに何回も辞書をひかなければならず、うんざりしてしまうレベルでした。もちろんこれだけやっていたわけではないのでこの講座だけの効果ではないとは思いますが、やっていくうちに辞書をひく回数が格段に減り、上達したことが実感できました。

そして実は、この講座の添削で中日翻訳についていろんなことを勉強したのです。ない情報を加えたりある情報を落としたりしないこと、流れのいい日本語にすること、気取った言葉を選ぼうとして意味をはずさないこと…などなど、短い添削のメールの中にはっと気づかされるコメントが多く、ほんとうに勉強になりました。

残念ながらこの講座は閉講してしまいました。でもネット上にはほかにもたくさんの講座があるようです。

私もそうでしたが、ひんぱんにパソコンの前に座ってメールチェックやネットサーフィンをする人ならば、ネットラーニングは取組みやすいのでは? ぜひ自分に合った講座を探してみてください。