宮部みゆきのシリーズものの中で、杉村三郎はかなり好きなキャラクター。「客観」を人にしたような冷静さは読んでて気持ちいい。

だからこそ、今多コンツェルンの庇護の下にいることが悔しいような、惜しいような、物足りないような気がしていたので、今回の結末はある意味、納得のいくものだった。その引き金になった原因には驚いたけど。

事件そのものはちょっと物足りない感じがした。太い大きな事件というより、後付け後付けで小さい事件が起こっていて、冗長だった。でもまあ、これは贅沢な注文かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です