単語を覚える

友だちからメールが来て「通訳案内士試験を受けるにあたって、どれくらい成語を覚えた?」と聞かれました。返事を出すのが恥ずかしかった…全然覚えてないんですよ。

文脈から離れて単語だけ覚えるというのがとにかく苦手です。同じく短文もダメ。過去にいろいろチャレンジしましたが、「覚えられない」という挫折感ばかりが募ってきて、つらくなっちゃいます。

それでも留学中のテキストに出てきて覚えたものや、仕事で遭遇して覚えたものもあるし、今のところ困っているわけではないですが、やっぱりたくさん成語を知ってる人にはあこがれますね。慣用語や熟語も同じ。7年くらい前、まだ私が中級の海でおぼれかけていた頃、中国語教室で「打肿脸充胖子」を即答した同学がいましたが、大げさでなく、輝いて見えましたっけ…。

今まで成語や慣用語を覚えようと思ったときに使っていたのは、「おぼえておきたい中国語成語300 (おぼえておきたい中国語300双書)」「おぼえておきたい中国語慣用語300 (おぼえておきたい中国語300双書)」。これで単語カードを作って…いったい、いつの時代の勉強法なんでしょう。

かつては成語や慣用語を対象にした音声つきのテキストなんてなかったし、自分で吹き込んで作るほどマメでもなかったので、音で覚えるというのはやってみたことがないんですが、最近はいろいろテキストが出てますね。


4月になって気分が盛り上がってるのか、どれかチャレンジしてみてもいいかな~などという気になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です