閉店

近所の古本やさんが閉店していました!

最寄りの地下鉄を降りて目の前、仕事で疲れた~という時、ぶらっと立ち寄ってしばし現実逃避するお店でした。お店から見たらものすごいお得意さんではないと思うけど、私にとってはなくては困るお店でした。

予告もなく、気配もなく、ある日突然「閉店しました」の張り紙。なんか、寂しいです。

ところで、ご覧のように、サイトのテーマを変えました。今回のテーマの目玉は右上のMenu。ここに新しいコンテンツとして、ブログでためていた(たまっていた)単語と読んだ本を加えました。

それで、これまでの記事を整理する必要が出て、ちょぼちょぼとやっていたら、読んだ本の中にあの古本やさんで買った本が結構たくさんあったのです。1回気づいたらその後は、あ、これも、これもだ、と次々に出てきました。ほんとにお世話になってたんですね。

最後に買った本は、3つほど前の記事になっています。『J.デューイ (1966年) (センチュリーブックス―人と思想〈23〉)』 50年前の本、リンク貼ろうにも写真もないし、値段は105円。でもおもしろかった。こういう本にふっと出会えるお店でした。

新ソフト

iPod touchが粉砕し、androidスマホで授業や学習会の音出しをしていたのですが、新たな問題が発生しました。

音が小さい!

最初に使った時はスピーカーの電池切れかと思うほど小さかったです。調べてみると、androidの音量が小さい件はあちこちに書かれていました。

スピーカーの音量をいっぱいに上げたり、音源の音量を事前に調整して大きくしたり、音量を上げるアプリを入れたりしましたが目立った効果なし。最近の学生は教室の後ろにかたまってしまうので、音が届いているのか不安で、対策を考えなければならなくなりました。

うーんでもこれだけのためにiPodを買うのはなあ…。なんとか手持ちの機材でどうにかならないだろうか。といっても手持ちの機材といえば…MDプレーヤー(文物)、カセットプレーヤー(化石)、windowsタブレットかあ…というわけでwindowsのアプリ探しです。

そしたら、ありました! その名も「聞々ハヤえもん」。かなり評判がよく、しかもレジストリを使わないインストール不要の使いやすいフリーソフトです。

少なくとも自宅でのテストではandroidスマホよりもかなり大きな音が出ました! よかった。

タブレットなので小さくて操作がやりにくいといえばやりにくいですが、あまり問題はありません。というのは、そもそもアプリにこだわっているのは、あらかじめ決めたところ(1文ずつ、とか)にトラックマークをつけて、分割して音を出したいためなので、あわてて止めたり次の出だしを探したりする手間がはぶければ小さくてもまあ対応できるし、そもそもマウスを使うこともできます。

フリーソフトってかゆいところに手が届くようなニッチなものが多く、あるとものすごく便利。私はけっこういろいろ使ってる方だと思います。ほんとにソフトを開発してくださる方々には感謝感謝!!

がんばるゾ

秋になると翻訳の仕事が増えます。

今年合格して登録したエージェントさんからちょくちょく打診が来ています。翻訳会社って登録できても実際に仕事が来るのはいつのことやら…ということが多いのでビックリ。

講師も兼ねながらなので、お断りせざるを得ない案件もありますが、オファーがあるって単純にうれしい。

実はまだペンディング中ではありますが、別の会社からも割合大きな案件の打診があったので、秋は翻訳にいそしむことになりそうです。

がんばろっ!