あと少し

実は今、仕事とは別に取り組んでいることがあって、その締め切りが近づいています。通訳仕事期間中はできないので棚上げしていたんですが、早くとりかからないと期限が来てしまう! 少々焦ってきました。

ところがこういう時に限って年に1回あるかないかのモテ期に入ってしまい、連日翻訳の依頼が舞い込んできています。今日ごく短いのを2本納品して、明日もう少し大きいのを1本納品したら一段落。のはず。そしたら棚上げ案件をやらなきゃ。

あと少しです。がんばろう。

久しぶりの通訳の後で

先月末から続いた通訳の仕事が一段落しました。本当に久しぶりに本格的な通訳を2件(8日)やって、疲れたと同時に充実感もあります。

このブログでも「仕事ない~」と愚痴っていたように、ここでこの言語でフリーの通訳をやっていくのはまず無理です。とにかく仕事がない。本格的な通訳の仕事は、ほぼ本州のクライアントが北海道で何かするので通訳がほしいというパターンです。

仕事がなければ通訳はやらない。私の周りもみんな企業に就職か非常勤講師とのかけもちです。私は後者のかけもち組なので、空いてさえいれば承けますが、平日5日のうち3日埋まっている状況では承けられる仕事はほとんどありません。この後も2件くらい依頼が入ったのですが、お断りせざるを得ませんでした。

こんな状況でずっとやってきたし、年齢もあるので「もう通訳はやめてもいいかな」と思うこともありますが、いざやってみるとやっぱり楽しいんですよね。いい通訳ができたときも楽しいし、反省すべきところがあったときも「次はこれを勉強してうまくやろう」と思えることが楽しい。

実はこんなにたまにしか仕事がないと、力が落ちるのではないかというのが心配でした。でも最近ある先生から時々アドバイスをいただいていて、その先生から「今の力があれば、そうそう簡単にレベルが落ちたりしませんよ」と言っていただいて自信になりましたし、今回やってみて「案外やれるな」と思えました。

相変わらず仕事はないだろうと思いますが、あまり悲観的にならずに、あきらめたりせずに、オファーをいただけるならやれる案件はやっていこうと思います。

パンプス

通訳のお仕事継続中です。

特別な場所(農場とか、工場とか)でない限り、お仕事服はスーツかそれに準じた服です。靴はもちろん、黒パンプス。

これまで、まあてきとーな値段で買ったてきとーなパンプスを履いていて、それで間に合っていたんですが、それもだいぶくたびれてきたので、今回の仕事の前に新調しました。買ったのは、この靴です。

お店で見たのか、雑誌で見たのか覚えてませんが、疲れにくいということで前から気になっていた靴です。近くで扱っている店も見つけておいたので、仕事に入る前に買いに行きました。でもちょうど私のサイズがなく、1つ小さいの、1つ大きいの、ヒールが高いのを試しましたが、やっぱりどれも合いません。結局ジャストサイズ(と思われるサイズ)を注文して、入荷してから再度買いに行きました。今度はぴったり。試しに歩いてみたらとてもしっくり来たので、迷わず買いました。

そして今回の仕事から履いてみています。今回の仕事は学校の視察が主で、学校内(巨大キャンパスの大学とか)を歩いて施設見学なんてことをしていますが、全然平気。体重がきちんと乗るようにヒールの位置が設計されているそうですが、ほんとに疲れません。なぜもっと早く買わなかったのかと自分を責めたいくらいです。

つい毎日履いちゃってるんですが、毎日同じ靴を履くのは、靴がへたりやすいんですよね。デザインの違うものがあるみたいなので、履き替え用に買おうかなと思ってます。