弁護士会通訳研修

弁護士会通訳協力者の研修に参加しました。これまでは模擬接見通訳をやったりという内容でしたが、今回は司法通訳研究の第一人者の方のお話を聞きました。さすがに最先端で研究されている方のお話は説得力があり、引き込まれて聞きました。

質疑応答の時、ある弁護士さんから「法曹界の通訳に対する認識について」質問があり、それに対して「単に2ヵ国語ができるのと通訳は違うということ、きちんとした訓練を受けて独自のスキルが必要だということを理解してくださっているのは、判事・検事・弁護士すべての中でもごく少数だといわざるをえない」との答えがありました。正直、これには少々ショックでした。

一般人の通訳に対する認識がそういうものだというのはよく経験します。海外バイヤー向け商談会の主催者が、打ち合わせ中に私のいる前で「通訳なんて留学生でいいでしょ。安いんだし」と言ったことがありますが、通訳者だったらみんな似たようなことを経験していると思います。

でも法曹界の人は、細かいことばの言い回しやニュアンスで量刑が変わることを身を以て感じているだろうし、それを争っているんだと思うんですが、こと外国語となるとそんな状態なんですね…。

通訳側にも問題はあります。法廷通訳登録をして「試験もないし、登録して来ちゃった。決まったパターンをしゃべるだけだから、丸暗記すればなんとかなるでしょ」と言った人に出会ったことがあります(1度も依頼されていないようですが)。語学力には自信がある人でしたが、根本的に問題がありますよね。いや、語学力に自信があるからこそ、こういうふうに思ってしまうのかもしれません。

もう1つ印象に残ったのは「難度が高くてできない通訳を『できない』と言える人が本当のプロ。母語じゃないんだから、できないことは恥ずかしいことではない。できないのにできるとウソをつくことの方が恥ずかしい」というお話です。語学力に自信がない人ほど見栄を張って、あるいは依頼者にダメ出しされるのを恐れて「できない」と言えない。

通訳はどこまでいっても「語学力」と戦う運命かもしれませんが、少なくとも仕事に向かう時はそれをえいやっと越えなければいけない、そんなふうに思いました。

教科書選び

来年度から新しく担当するクラスがあるので、教科書選びをしました。

使うテキストが決められている場合はそういうものだと思って使うしかないんですが、自分で好きなのを選べと言われると入門の教科書は本当に難しい。どの教科書にも使いにくいところがあるのです。

たとえば、肯定形と疑問形ばかりで否定形が出てこない。新出単語リストに書いていない単語が本文や練習問題に使われている。これらはちょっと致命的な感じですが、ほかにも本文の話題が古い、練習問題が足りない/多すぎる、付属CDの発音が遅すぎる、各課で学ぶ文法項目が多すぎるなどなど、ぜいたくを言えばいくらでも要望があります。要望は教える対象が高校生か大学生かによっても違うし、同じ大学生でも第二外国語か中国語専攻かによっても違ってきます。

私は解決策を提案せずに批判だけする人が大嫌いで、自分もそうなりたくないのですが、もし「そんなに文句があるなら、自分で教科書を作れ」と言われてもできるもんじゃないですね。入門で学ぶべき文法項目と単語は何か、それをどういう順番で教えるか、どんな形式の教科書にするか、練習問題はどれくらい入れるか…。さらに本文はどんな話題にするか、イラストや文法以外のトピックをどれくらい入れるか…。わー、これを全部解決しなきゃならないなんて、無理、絶対。

そんなわけで私は解決策として、内容が豊富なことよりも取り組みやすいことを優先し、もし練習が足りなければプリントを作って対応することにしました。プリント作りは毎週毎週続くので正直大変なんですが、すすみ具合や理解度に合わせて調整できるので、結局一番いい方法のように思うし、私の授業はだいたいこのパターンになりつつあります。

もう1つの難問は発音指導ですが、これはまだ「解決策」が提示できません。発音は量をやらなきゃどうしようもない部分があると思うので、基本文法を教えながらだと圧倒的に時間が足りず、結局今のところは10代の耳のよさに助けられている部分が大きいです。毎回の授業にうまく少しずつ発音ブラッシュアップ練習を組み込めたらいいなと思っていて、気になるテキストも何冊かあるので、少し試行錯誤してみます。

メールクライアント

翻訳の仕事をメールでやりとりするようになった頃、フリーメールはセキュリティ上NGという会社が結構ありました。それ以前からniftyを使っていたし、そんなわけでずっと使い続けているんですが、他にもなんとなくアドレスが増え、最近は一括管理できるgmailに統合してウェブから送受信していました。

出先でもインターネットにつながったパソコンさえあればメールの送受信ができる環境はものすごく便利で、メールクライアントはもう数年使っていませんでした。

ところが…nifty側がセキュリティを強化しているらしく、受信したメールをgmailに転送して見るのは問題ないのですが、gmailからniftyのアカウントでメール送信できなくなってきてるのです。これまでに2-3回そういうことがあって、そのたびに設定を変えて違うサーバーを経由したりしてたんですが、最近また送れなくなってしまいました。

昨日、翻訳会社から「納品されてない」と電話が入り、その時点ではエラーメッセージもなかったんですが、もしやと思ってgmailアカウントから送ったら届きました。そして今日になってエラーメッセージが届き、やっぱりnifty側の仕様が変わったらしいとわかりました。

また設定を変えればいいのかもしれませんが、去年の夏にもやったばかり。こんなに頻繁ではもうめんどくさいし、また仕様が変わったときに気づかずに納期をしくじるリスクがあります。

それから、中国と「谷歌」は仲がよくないので中国ではgmailにほとんどつながりません。先日はまったくつながらなくなったというニュースが出たほどですから、niftyをやめてgmailをメインにするのも怖い。そんなにしょっちゅう中国に行くわけではないですが、いざ行くとなって準備に追われているときに「メールをどうしよう」と考えるのがもっとめんどうです。

そんなわけで「ウェブでgmail」体制一本槍をあきらめ、この体制になる前に使っていたthunderbirdを導入してgmailと同期させながら使うことにしました。まあ試行錯誤になると思いますが、とにかく仕事上のミスにならず、その上でなるべく便利な方法を探ります。

ところで、他に何かいい方法はないかなと思って一応調べたんですが、「中国でもthunderbirdならgmailを問題なく送受信できている」という情報があって、実際に確かめないとわかりませんが、もし本当ならベストチョイスってことですね!