三カ国

日中韓三カ国の会議の通訳をさせていただきました。通訳は逐次で日中、中韓、韓日の3人体制、資料はすべて英語です。以前にもこういう会議の経験はあるのですが、今回は今までのものより専門的な内容で、かなり緊張しました。

事前に3人の通訳と主催者で打ち合わせをしたのですが、まず問題になったのが、参加者の名前。資料は英語なので、全員ローマ字つづりしかわかりません。漢字がなければお手上げの中国語通訳は主催者をわずらわせて名前の確認をし、韓国語通訳もとっさに読むのにラクなように、すべてハングルに書き換え。

次に役職名。すべてMr. Ms.ですむ英語とは違って、日中韓は役職名をつけずに呼ぶなんて考えられません(儒教国ですからね)。英語だけでは自国での正式な役職名はわからないので、これも主催者をわずらわせて全部確認。

これだけで結構な時間を食ってしまいました。主催者が「次からは通訳さんには漢字の情報を知らせないとダメだなあ」と言ってくださいました。わかってもらえてよかった。

次に気になったのが座る位置とマイク。結局、小規模会議で同時通訳システムもないので生声でやることになりました。私はマイクを使った通訳の経験はほとんどなく、「聞こえなければ大声」に慣れているので、とりあえずホッ。自分がしゃべりながら韓国語が同時に聞こえたら…とちょっと心配でしたが、実際には聞こえてきてもまったくわからないので雑音でしかなく、影響はなかったです。

それとは逆に、韓国の方が発言しているときは韓中と韓日の通訳が訳すので私はお休みですが、話の流れについていくために内容は聞いておかなきゃなりません。このときはさすがに日本語と中国語の両方が入ってきて、ちょっと混乱しました。日本語の方がわかりやすくて日本語ばかり聞こえるかと思ったら、そうでもなくて、耳が(頭が?)両方を追いかけようとしちゃうんです。どっちかを遮断して聞かないようにする技術も必要なことがあるんだなと思いました。

それにしてもこんな会議は何年かに1回(もしかしたら、これで最後かも)。貴重な経験でした。

 

夏休み

やっと夏休みに入りました。

北海道は本州より10日ばかり早く2学期が始まるので、その分夏休みも短い。ゆっくり休めるサラリーマンの夏休みよりちょっと長いくらいかもしれません。

あわただしいから家でゴロゴロしてようと思っていたのですが、たまっているマイレージがもうすぐ失効しそうなことに気づきました。これはマズイ。で、急きょ北京旅行を計画です。

北京はどちらかといえば私にとって「用事があって寄るところ」で、のんびり長期滞在したことは実はあまりないんですね。今回は初めて北京オンリーです。

チケットと宿を確保し、最新版北京ガイドブックを買って(あんまり行ったことないもんで…)、北京で何をするかの検討を始めました。王府井書店、潘家園の古本探しにそれぞれ1日あてるほか、今回は近代史に関連のある旧跡見学を少しするつもり。あとはどんどんお洒落(これも死語か)になっている北京の街をぶらぶらします。

行く準備を始めたら、がぜん楽しくなってきました。あー早く行きたーい!!

全日本選手権

全日本選手権終了です。ああ、疲れた…。

最近、また武術の仕事が楽しくなってきました。一時期は責任を感じるばかりでつらくて味気なかったんですが、去年くらいから仲間の顔を見ることや、知っている選手が上手になっていくことがうれしいと感じるようになっています。

今回は本職の方の仕事を抱えていて、夜ホテルで少しずつでもやろうと思っていたんですが、結局できず。なぜかというと、仲間で食事に行っちゃって、飲んじゃって、楽しくなっちゃって、帰りが遅くなるからです。気分が沈んでた数年前の一時期は、体育館からホテルに帰って(帰り道でチューハイかなんか買って)、そのまま部屋から一歩も出なかったんですけどね。

とはいえ、これじゃただの学生ノリの飲み仲間でしかなくなっちゃうので、武術界に貢献できるよう、ちゃんとした仕事もしないといけません。気を引き締めて。

さてこれは唯一飲まなかった日、妹分(子分?)と一緒の夕食です。

DCIM0399