名刺

仕事用の名刺がなくなり、注文しました。

名刺のデザインって難しいです。売り込みが苦手で、名刺を渡さずにすむなら渡したくないくらいですが、そうもいかないので、なるべく押しつけがましくなくて、おしゃれなものという基準で作ってます。利用しているのはネットの名刺やさん。ちょっと値段は張りますが、気に入ったのが作れたのでリピート注文しています。

実は今回、少し変えました。これまでは名前の上に「通訳」と入れていたんですが、それを外して裏に持ってきて、合わせて通訳案内士や今年からやらせてもらっている非常勤講師など、仕事に関する肩書を入れました。

名刺に肩書を入れると(つまり自分に肩書をつけると)、やっている仕事やれる仕事がある程度限定されてしまいます。名刺に「通訳案内士」とだけ書いてあれば、この人はガイドをやってるんだなと思われるだろうし、依頼もガイドが多くなるでしょう。これまではやらせてもらえる仕事は何でもやろうと思い、自分を限定したくないという気持ちでなるべく何もつけないできました。

でも自分の年齢を考えるとあと何十年もやれるわけではないので、できるだけ納得のいく仕事をするために、「何でもやります」はもうやめたほうがいいのかなと思い始めたのです。それに今から新しい仕事、新しい分野にチャレンジしていくのはたぶん、相当厳しい。これまでやってきたキャリアの上に積み重ねていくべきです。それなら今どんな仕事をしているかの情報を出したほうが、依頼される仕事もフラフラしないんじゃないだろうか。

それに前にも書いたように地元ではなかなか仕事がありません。仕事を依頼しようと思う人も、私がどんな仕事をしていて何ができるのか、具体的にわかるほうが頼みやすいに決まってる。そんなふうに考えたんです。

自分としては、ある意味自分の仕事に境界線を引くつもりで肩書を入れたんですが、けっこう数があったので(これを入れるとこっちも外せない、になっちゃって)、逆に自分自分っていう(中国的な)売り込み名刺になりそうな気がしました。というわけで、肩書は裏側。結果、両面印刷になってだいぶ高くついちゃいました。

今のところ、注文はだいたい1年に1回のペース。来年の今頃はどうなっているか…同じデザインでまたリピート注文できたらいいですが。

また会う日まで

2つ上の先輩が亡くなってしまいました。ちょうど所用で上京した日だったので、お通夜にうかがうことができました。

中国にかまけてずっとごぶさただった友人たちに「なんで連絡よこさないんだ」と怒られながら、遺影を見て「きっと、たまには顔出しなさいって呼んでくれたんだ」と思い、胸がいっぱいになってしまいました。

私なりに思うこともあって、10年…いや20年以上、意識的に中国語や武術に集中するようにしていたのですが、もう肩肘張らなくてもいいんじゃない?と言われた気がしたのです。

どこかからか聞こえたその声に「肩肘張ってたわけじゃない」と言いたかったのですが、3日たっても久しぶりに会った先輩たち後輩たちの顔をぼんやり思い出している自分がいて、ものすごく嬉しかったんだ、会いたかったんだと気づかされました。

いつも面倒を見てくれた先輩、最後の最後、旅立つときまでお世話になってしまいました。ありがとう。また会う日まで。

10年

先日応募した翻訳エージェントから、トライアル合格の知らせを受けました。

登録に必要な書類を書いていたのですが、翻訳はじめてかれこれ10年に、通訳はじめてからは8年になることを改めて発見。実質の稼働日数は大したことなくても、「経歴10年」て書くと、なんだか実力者みたいな感じがして、ものすごく気が引けます。

事実、得意分野を書けと言われても、「ない」。得意と言えないまでも、この分野だけはたくさんやりましたというのがあればいいんですが、スキマを縫って小さい仕事を拾ってきただけなので、何もかもが中途半端。情けない…。それに、本当に本格的な翻訳者の専門分野って、信じられないくらい細分化されていて、何が違うのかわからなかったりします。ああ、情けない…。

そんなわけで、かなり前途多難な登録になりそうですが、10年を節目に気合いを入れろと言われてるのかもしれないと思い直しましょう。