中国語動詞活用辞典

近所の古書店で見つけました。

これが手に入るとは思わなかった…感激。

この本の元になった《汉语常用动词搭配词典》は絶版になったのか、中国でも卓越でも見つけることができません。翻訳するときに参考にしたくてずっとほしかったので、ほんと、うれしい。

お会計するとき、お店のご主人に「70歳くらいの方で、中国語を勉強されてるらしく、ときどき買って行かれる方がいるんですよ。今度会えるといいですね」と言われました。私もぜひお会いしてみたい! 「よろしくお伝えくださいね」と言って帰ってきました。

ミリメートル

映画関連の仕事をしました。台湾の方の通訳を担当する予定だったので、台湾のサイトで下調べをしていたら、こんなフレーズを発見。

以16、35釐米底片或電影規格數位攝影機拍攝


ん? 映画なんだから「16ミリ、35ミリフィルムもしくは…」だよね? なぜ釐米…?
確認のため、教育部重編國語辭典を見てみると、こう書いてあります。

釐米:量詞。計算長度的單位。公制一釐米等於一米的百分之一。亦稱為「公分」。


やっぱり釐米は1/100メートルだとはっきり書いてあります。映画のサイトが間違っているのか? 気になるので引き続き調べてみると、奇摩でこんな質問をしている人がいました。

釐是1/1000, 照說1釐米應是 千分之一米 即 1 公釐 ( 1mm ) ,
但很多人認為 釐米 是 公分 ( cm , 百分之一 米) , 不知何故?


どうも台湾では釐米をミリだと認識している人がいるようです。というか、「なんで釐米をセンチだと思ってる人がいるのか?」と、こっちを責める口調。なんでこうなったんでしょう。質問に対する答えの中に、納得できる理由がありました。

1釐米 = 1公分 = 1cm = 1/100 m
1毫米 = 1公厘 = 1mm = 1/1000 m
1mm 一般人讀做 1米釐(讀音) , 不是1釐米, 千萬不要弄錯了。


むむう。limiとmiliの発音上の混乱…ありうる。

ちなみに、台湾暮らしの長い友人に聞いてみたところ、やっぱり釐米はミリだと思っていたそうです。

今後、台湾の仕事をするときには要注意ですね。