NHK以外に

NHKのほかにやっているのが、南方周末を読むことです。この新聞は物議を醸すことが多く、いろいろ圧力もあるのか、「以前に比べて鋭さがなくなった」と聞くことも多いですが、相変わらず面白い新聞だと思います。

私は外国語で小説を読むことはほとんどありません。小説を読むときは頭を使わずにダラ~ッとしたいし(小説読むのにエネルギー使わなきゃならないレベルってことですね)、あとは飛ばし読みができないんです。

わからない単語を飛ばすと、その場面の雰囲気がちゃんとわからなくなってしまう気がするんです。小説はストーリーよりもそういうのが面白いと思うので、飛ばさなきゃならないことにいら立つというか。新聞や内容がわかりさえすればいい文章だったら平気で飛ばし読みできるので、やっぱり小説に限ったことなんでしょう。飛ばし読みをすると、飛ばした単語はいつまでも知らないままになってしまうのも悔しいです。

かといっていちいち辞書をひきながら、ではもっと面白みなくなっちゃう気がするので、自然と小説は読まなくなりました。

代わりに…というのもヘンですが、読んでいるのが南方周末というわけ。ストレートニュースとは違う、ちょっと掘り下げたドキュメンタリー的な記事が面白いし、たまにシリーズになることもあって、それを追っていくのも楽しいです。

iPod touchでは、iNFZM News Reader-南周阅读器というアプリを使って、ひまなときに気になる記事をざっと読みます。もうちょっとちゃんと読みたいと思ったらアプリの機能を使ってevernoteにその記事を送っておきます。そしてパソコンでその記事をpdfにしてdropboxに入れ、i文庫Sという読書用アプリで丁寧に読みます。

なんで一手間かけるかと言うと、i文庫Sにある「しおり」機能を使いたいから。気になる単語やフレーズを指定すると画面上にはマーカーがつきますし、それをまとめてevernoteに送れるので、everwordで単語帳にすることもできます。記事自体がそれほど長くなく、負担にならないのでスキマ時間に再読することもありますが、そのときはマーカーのついた部分に注意して読みます。

ipod touchのアプリは便利なものが多くて、もう紙もえんぴつも辞書もパソコンも使わずに、これだけで勉強できるような気がしたときもありましたが、やっぱり少しは手をかけないとダメですね。それでも教科書、紙辞書、単語カードの時代に比べれば夢のようですし、ちょっと手をかけることで定着率が上がる気もします。

成語(っぽい)第2弾

勤め人の毎日って、あまり変わらないものですね。つまり、NHK中国語ニュースを聞いて成語(っぽい)表現をevernoteにためる作業もほぼ毎日変わらずやっているわけで、結構な数になりました。

せっかくためたので、前回のエントリー以後の表現をご紹介します。今回はオリンピックネタ、多いです。


■凭借他所擅长的仰泳令其他选手 wàng qí xiàngbèi。【望其项背
■日本女足对垒瑞典队,双方最后以0比0 wò shǒu yán hé。【握手言和
■约40人共同乘坐”风铃电车”,欣赏 qīng cuì yuè ěr的xià rì yuè zhāng。【清脆悦耳、夏日乐章
■有必要一起为实现经济增长 chū móu huà cè。【出谋划策
■这是日本选手在奥运会这个级别的比赛当中首次 wèn dǐng guàn jūn。【问鼎冠军
■日本对中国正常的国防建设和军事活动 wú duān zhǐ zé。【无端指责
■我们mù bù zhuǎn jīng 地看着电视实况转播。【目不转睛
■韩国国内各种意见 zhòng shuō fēn yún。【众说纷纭
■在缅甸媒体改革也 zhǎn lòu tóu jiǎo。【崭露头角
■受害者们是不是已经 shēn xīn jù pí ,xīn lì jiāo cuì 。【身心俱疲、心力交瘁
■在 jiè bèi sēn yán 的大马士革市中心发生的此次爆炸【戒备森严
■这是日本首次在乒乓球项目中 jī shēn sān jiǎ。【跻身三甲
■日本队在团体赛上的表现也 kě quān kě diǎn。【可圈可点

比べてみた

今やっている仕事に関連して、上司がこの本を貸してくれました。

奥付を見ていたら、日本の本を翻訳したものだということがわかりました。元の本はこちら。

著者の名前を手がかりに、さらに検索をかけてみると、中国でも同じ本の翻訳版が出ていることがわかりました。

さっそく手に入れて3冊をつきあわせてみました。……おもしろい。
私は台湾中国語に詳しくないので、こんなふうに言うのねという発見も多かったし、食材ごとにレシピが出てるので、この料理はこう訳すのかと納得することもあったり。

もう1つ発見したんですが、中国版は日本版にあるものを削ったり日本版にないものを足したりしていました。
さらに、日本版と台湾版は縦書きですが、中国版は横書きなので、当然めくり方が逆になります。横1列に複数の食材を紹介している場合、その順番も逆になっているわけです。
日本版で横1列にA、B、C、Dと4つの食材の写真があり、その下に説明があります。中国版では順番が逆になっているので、説明はD、C、B、Aになっているのに、写真は日本版のままA、B、C、Dになっている、つまり、写真と説明が食い違っているのを2ヵ所発見しました。

要するに、台湾版が日本版を完全に翻訳しているのに対し、中国版では(ミスを含め)一部日本版と違っているのです。
なんというか、中国らしいというか。
まあそれを差し引いたとしても、図版が多いのでそれを手がかりに3つを比べてみるのは楽しいし、3種類揃っているというのもそうそうないことかもしれないので、思いがけなく得しちゃったなと思ってます。