中国の車にまつわる話題

中国語教室にときどき中国人留学生の男の子が来てくれています。先生の知り合いですが、礼儀正しくて優秀。留学生の中には自分が日本語をしゃべりたくてしょうがない子がいますが、彼は世話になっている先生の手助けをし、私たちの中国語のレベルアップのために来ているという立場をきっちり理解していて、来ると私たちには絶対に日本語を話しません。私たちの聴き取りや会話の練習相手として理想的です。
それと、なんせ若いので中国の新しいモノ、コトにくわしい。これもありがたいです。

今週は、春休みに中国へ帰省したときの話をいろいろしてくれましたが、「とにかく車が増えた」ということが話題になりました。
“单双号限行”はもう当たり前で、北京では1日にナンバープレートの末尾番号2つだけが走行できる、つまり1日に走る車の数は登録されている車の2割だけ。車のオーナーにすれば、80%は運転できないことになりますね。
以前仕事で会った中国人が「政府は庶民に“多买车,少开车”を要求している」とあきらめ顔でしたっけ。私は「こんなときにも対にして言うんだなあ」などと関係ないところで感心してましたが、当人にとっては頭が痛いことなんでしょうね。

それから話題になったのは、ナンバープレートが手に入らないこと。都市部ではさまざまなコネを探し、それなりのお礼をし、数万元払ってやっと手に入るという状況らしい。それでも手に入ればまだしも、北京では発給数を制限していて、今申請しても2年待ち(!)だそうです。
最近の中国の笑い話「地下鉄で1人が携帯を出していじり始めた。隣の人がそれを見て得意げにiphoneを出してきた。その隣の人はさらに得意げにipadを出してきた。そして、その隣の人は勝ち誇ったようにナンバープレートを出してきた」。庶民はもう自嘲するしかないんですね。

こんな話を聞けるので、彼が来るのは楽しみ。今月末は食事会をする予定です。今度は何の話が聞けるかな。