本を贈る

子どもの頃から、とにかく本が好きでした。両親も好きなだけ本は読ませてくれて、それにはとても感謝しています。子どもたちには本をたくさん読んでほしい。

姪と甥には小学校1年生からジオジオ ブッククラブさんにお世話になって、毎月2冊ずつ本を贈ってきました。大人にとって、子どもの本は決して驚くほど高いものじゃありませんから。小学校で「本を読みましょう」という宿題が出たとき、山ほど本を持っているので友だちに自慢できたみたいです。もう大きくなったのでブッククラブは卒業したんですけどね。

たまった本を処分するときにも、何かできないかなあと思っていて、偶然ネットで見つけたのがルームトゥリード。ブックオフを通じて寄付をし、図書館をつくる活動に役立ててもらうというものです。先日、2回目の寄付をしたのですが、お礼のはがきが届きました。

Exif_JPEG_PICTURE

売ったお金を自分で使ってもいいんですが、なんとなくいつの間にかなくなってしまうことが多いので、こんな形で役立つ方がうれしいです。

そして今度は、中国語のレッスンをしている市の施設にあったパンフレットで、こんな活動を知りました。

シャンティ国際ボランティア会 絵本を届ける運動

日本の絵本と、カンボジア、ミャンマー、ラオス、アフガニスタンなどのことばに翻訳された物語のシールを会から購入します。まず自分で本を読んで、指示にしたがって本にシールを貼り、文字表を参考にしながら現地の文字で自分の名前を書き込んで(ここがステキ!)、送り返すと、それぞれの国に届くというもの。くわしいやり方を紹介した動画がサイトに出ています。

場所や上下を間違えないようにシールを貼るだけなので、お母さんと子どもが送られてきた本を一緒に読み、一緒にシール貼りの作業をして、それをほかの国の子に贈ってあげる、ということができるんですね。かわいい。

まあ私は自分1人でやるんですけど、夜、好きな音楽でも聴きながらシール貼りするのはすごく楽しそう。ということで、申込みをしてみました。選ぶのはお任せにしたので、どの国向けのどんな本が来るのか、楽しみです。

電子辞書

お茶を挽いています。家にいてもだらだらとネットを見てるだけだし、ウォーキングしようとすると花粉に襲われるし、街に出ると余計なものを買ってお金がなくなるので、もっぱら図書館にこもっています。

図書館のいいところ、それはいろんな辞書が使い放題なところ~! 5冊くらい積み上げてノートを作ってると妙な充実感があります。学生のころは第1、2外国語の日-外、外-日の計4冊の辞書を毎日持って歩いてたのに、今はすっかり電子辞書頼み。人間、便利には慣れちゃうものなのね、と年のせいで重いものを持ち歩けなくなった事実には目をつぶろうとしています。

ところで最近、また紙辞書を使うのが楽しくなってきたので、電子辞書に対する考えも変わってきました。

私にとっての電子辞書の最大のメリットは、携帯が便利なこと、目的の単語を一発で見られること。通訳の現場でとっさにひけるような、起動が速くて、画面が明るくて見やすくて、メモとりにじゃまにならない小さくて軽いのがいい。

私が今使っているのはCanonのG90。出るときはものすごく期待されて登場したのに、使ってみると暗いとか、ちょっと残念な機種で、しかももう古いです。そろそろ新しいのを…と思ってたんですが、考えてみればちょっと前のコンパクトな機種を買うのもアリかなと。そもそも中中とか英漢・漢英とかめったにひきゃしませんよ。

本当はコンテンツの充実した高級最新機種ととっさ用のコンパクトな機種を使い分けるのがいちばんいいんでしょうけど、今のところ高級機種は図書館で代用しているので、コンパクト機種を買う可能性大です。

紙辞書

ごぶさたしてます。うっかり1ヶ月もたってしまいました。

まだ花粉舞う東京で2週間ほど過ごしていたんですが、とくに忙しかったというわけでもなく。まあ、ぐずぐずと更新してなかっただけです。

地震と原発のおかげで今年度前半は時間だけはたっぷりありそうなので、腰をすえて勉強しようかと思ったりしています。仕事の勉強のようにあわててやる必要もないし、ゆっくり紙辞書でもひきながらぁ~。

なんてやっていたら、急にあることに気づきました。電子辞書である単語をひくとき、ふつうはピンインでひきますよね。そうすると、目的の単語の前後に表示されるのは、発音が近い単語。発音以外の関連性はあまりありません。でも、紙辞書で単語をひくと、目的の単語の前後に出ているのは、1文字目の漢字が目的の単語と同じ字の単語。辞書をひいて、目的の単語の前後にあって「ついでに」見ちゃう単語が、電子辞書と紙辞書では違うわけです。中国語の最小単位は漢字なので、1つの漢字からの広がり(近义词とか…)は漢字を軸にするほうが関連性が強くて、参考になるものが多いんじゃないか。

こんなの、あったり前のことなのに、これまで気づいていなかった…!

紙辞書の善し悪しについて、いろんな意見がありますが、漢字をベースにしている中国語と音(つづり)をベースにしている言語では、紙辞書を使うことに違う意味がありそうな気がします。

効率よく目的の単語の意味を知るには電子辞書が手放せませんが、自分の中国語を深めるためにじっくりやる勉強では、紙辞書を使ってまわりの単語に気を取られながらやるのがいいんじゃないかなと思ったのでした。