さつど

一部オーナーが厚顔無恥、傍若無人ぶりを遺憾なく発揮して、もめにもめたプロ野球、今日から開幕です。

開幕とは関係なく、ほかにたまたま必要があったので、札幌ドームを中国語でなんていってるか調べてみましたが、公式HPを見ると“札幌多目的体育馆”“札幌多目體育館”となっていました。

ほほう、これはいいですね。野球とサッカーの両方ができるという特徴をちゃんと表してるし、音も再現できてるし。

一時期、東京ドームの「ビッグエッグ」という愛称をそのまま使った“札幌巨蛋”という言い方をしている資料を見ましたが、これはいただけない。札幌ドームは「ビッグエッグ」じゃなく、「HIROBA」という愛称がちゃんとあるんです!誰も使ってないけど。ま、地元民は普通、「札ド」です。

ともあれ、開幕だ!頼むぞ、ダル!

単語を覚える

友だちからメールが来て「通訳案内士試験を受けるにあたって、どれくらい成語を覚えた?」と聞かれました。返事を出すのが恥ずかしかった…全然覚えてないんですよ。

文脈から離れて単語だけ覚えるというのがとにかく苦手です。同じく短文もダメ。過去にいろいろチャレンジしましたが、「覚えられない」という挫折感ばかりが募ってきて、つらくなっちゃいます。

それでも留学中のテキストに出てきて覚えたものや、仕事で遭遇して覚えたものもあるし、今のところ困っているわけではないですが、やっぱりたくさん成語を知ってる人にはあこがれますね。慣用語や熟語も同じ。7年くらい前、まだ私が中級の海でおぼれかけていた頃、中国語教室で「打肿脸充胖子」を即答した同学がいましたが、大げさでなく、輝いて見えましたっけ…。

今まで成語や慣用語を覚えようと思ったときに使っていたのは、「おぼえておきたい中国語成語300 (おぼえておきたい中国語300双書)」「おぼえておきたい中国語慣用語300 (おぼえておきたい中国語300双書)」。これで単語カードを作って…いったい、いつの時代の勉強法なんでしょう。

かつては成語や慣用語を対象にした音声つきのテキストなんてなかったし、自分で吹き込んで作るほどマメでもなかったので、音で覚えるというのはやってみたことがないんですが、最近はいろいろテキストが出てますね。


4月になって気分が盛り上がってるのか、どれかチャレンジしてみてもいいかな~などという気になっています。

DVD鑑賞

最近、ちょくちょく中国映画を見ています。今日はこれ。

きれいな映画でしたが、有り体に言えば月並みというか。

オルゴールを買ったときに出したお金が「大团结」だったように見えたけど…設定としては結構前なのかな。白いウェディングドレスというのはかなり今風ですが。

…と、こんなところばかり見ているのは小姑ですね。いや、意地悪ばあさんか。

それにしても、中国映画の日本語タイトル、どうにかならないんでしょうかね。『初恋の想い出』。ださいです。

必ずまた

武術太極拳のジュニア全国大会に行ってきました。近畿圏だったので、関係者の努力で開催することができたのです。

2日間の大会には、東北地方から元気に参加してくれた子もたくさんいたのですが、宮城県の選手の棄権がコールされたときは、思わず胸が詰まりました。

大会目指してがんばって練習してくれていたに違いない。今、武術のことを考えるなんて、できるんだろうか。でも待ってるから、必ず、必ずまた元気で会おうね。