ブログでデータベース

ある大学の先生とおしゃべりしてて、ブログの話になりました。先生によると、仕事でのメモや参考になるURLなどを、閲覧制限かけて自分だけ見られるブログに集約しているそうです。

日付からでもカテゴリーからでも検索できるし、検索も早い。リンク先に直接飛ぶことができる。出張先で自分のPCがなくても見ることができる。大学院で院生と議論しているとき、自分のブログからその問題に関連したURLに飛んで、プロジェクターですぐ見せることができる。

むむぅ……すごい(特に最後の使い方が)。

私は、翻訳をするとき役立つツールをiGoogleに集めてます。Google、百度、北辞郎の検索ボックス、ちょっとした電卓(亩とヘクタールの計算なんかに使います)、仕事のメールを転送して、どこからでも確認できるようにしているGmail、納期やスケジュール管理のためのカレンダー、仕事で参考にするためのブックマーク。私は本業以外の活動でフラフラと泊まりに行くことが多いので、出先で緊急に対応しなきゃいけないことがあると、これがなかなか便利なんですが、ブログでデータベース構築までは考えませんでした。

きっとデキル翻訳者はやってるんだろうなあ。いや、デキル翻訳者はフラフラ出かけたりしないで、自分のPCできちんとデータベースを構築してるか。

でもこれは使えそうです。調べ物をして記録しておきたい記事をコピペしておくとか。ブックマークだとどんどん増えちゃうし、アクセスが重かったりネトゲの広告がいちいち立ち上がったりするので、こっちのほうがいいですね。

定期的に日中訳をやっているんですが、ネイティブチェッカーに見てもらった「使える言い回し」ストックを作っておくとか。日中訳は単語単位で解決しないので辞書を作っても使いにくく、「前どんなふうに訳したっけ」と思っても探すのがたいへんでした。

よし、早速やってみようっ!

ところが先生いわく、「唯一の問題は、自分のデータベースが全部そこに入っちゃってるから、もしそのブログサービスがなくなったら、これまでの蓄積がゼロになるってことなんだ。その前に全部取り出しておくことができるかなあ」

ひぃ~そんなことまで考えてるんですか。先生、使ってるのがGoogleだったら、そうそうなくなりませんって。でも万一ということがあったとき、私の受ける打撃と先生の受ける打撃では比較にならなさそうですね。

中国語仲間2人とランチしました。このメンバーで集まるとなぜか必ず80年代後半~90年代前半の中国語学習事情の話になります。

「中国留学中にラジオドラマを一所懸命録音して聞いた」

「通信教育やってた頃のカセットが山ほどある」

「NHKラジオ中国語の応用編でやってた講読がよかった」

「留学中の先生のご主人が映画関係者で、台本を借りてきてくれて、それで勉強した」

なんだか同志たちと昔話をしているようで、話はものすごく盛り上がりました。こういうところが中国語をやってない人に敬遠されちゃう理由なんでしょうけど。

最後にカセットを借りる約束をして帰宅し、すぐにNHKの講読の録音テープを探し出してきました。自分で思っているより数はなかったです。こんなもんだったかなあ。《我的节日》とか《铁孩》とか、録ってなかっただろうか。最後の《信》はMDで録ってたので、割合最近まで講読ってあったんですね。

私が一番気に入っているのは、ケガで入院していた頃にやってた《挖掘》です。病院ですることなかったので、朝晩2回の放送を欠かさず聞いてました。ところが放送の録音テープが全部揃っているのに、テキストがないんです。これじゃあダメじゃん!!

さっそくネットで原文を探してみましたが、見つかりません。そんなに有名じゃない小説なんでしょうか。ショック。原文でも当時のテキストでも、どこかにないか引き続き捜索します。

 

追記

さっそくネットで捜索を開始したところ、5年近く前の自分のブログがヒットしました。前にも書いてたんですね。よっぽど気に入ってるようです。

通訳用の資料を事前にもらえるととても助かります。たまに中国語版を一緒にくれることもあって、勉強時間が一気に短縮なんですが、その中国語版に問題のあることも。

たとえば以前、農業関係で

(日)メーク→(中)制造  これ、たぶんじゃがいもの「メークイン」です。

(日)マルチ→(中)多方面  これは「農業用マルチフィルム」のことじゃないかと。

いつも使ってる省略語で対外向け資料を書いちゃう日本人が悪いのか、きちんと調べず文脈も考えず訳しちゃう翻訳者が悪いのか。

どっちにも当たれないので「せめて事前にわかってよかった…」と前向きに考えるようにしてます。くすん。

エアロバイク

自分へのお年玉のつもりで買ったエアロバイクが届きました。来週の通訳の下準備をしていたんですが、ちょうど煮つまってたところだったので、気分転換にさっそくこいでみることにしました(勉強がイヤだったわけじゃないんですよ)。

ところがこぎ始めてみると、お、重い? 昔トレーニングに通っていた頃の感覚で、真ん中へんの負荷でこぎ出したんだけど、全然こげない! 心拍数も軽く130超え、これじゃ10分ももたなくね?

しかたなく1段、また1段とレベルを下げていって、下から2番目の負荷でやっと心拍数110台キープになりました。今日はこれで1時間こいで終了。年もとったし、長い間ちゃんとしたトレーニングもしてないし、なんか、体、弱。

でも外は雪がババババって感じで降ってるのに、エアロバイクなら優雅に十津川さんの再放送を見ながら運動です。冬の間ウォーキングできない悩みもこれで解決!

トイレット

今日から夫が仕事に行ってしまったので、ひまつぶしに映画を見に行きました。年に1本見るか見ないかの私が正月からとは画期的。実は年末にCSで『かもめ食堂』『めがね』を続けて見てしまったので、その流れでちょうど蠍座(札幌唯一の名画座)にかかっているこれを見に行くことにしたのでした。

公式ホームページ

まだ松の内だし、誰もいやしないだろうとたかをくくっていたらとんでもなく、ほぼ満席。今日のテレビ欄を見たら、映画でも見たくなる気持ちはわからないでもないけど。

さて、映画のほうは前の2本よりずっとおもしろかったです。ユルい映画も悪くはないですが、やっぱり映画は多少はドラマチックなほうがいいです。兄妹たちがいきいきしててみんな可愛かった。