語学力

英語に色気を出したりしていますが、もっと中国語力を鍛えなきゃとも思っています。

通訳として仕事を始めてからこれまでは、ただただ夢中でやってきましたが、自分の欠点や課題も少し見え始めているのかもしれません。

通訳に関する本などを見ると、外国語力よりも日本語力や背景知識の勉強が強調されている場合があって、「中国語はもうできてて当然なのね」とへこんだりしていましたが、最近は「中国語を学び続けることが当然」なのだと思うようになりました。

少なくとも、今の私にとっては。

中高生用教材

英語を読まなきゃならないことがあるので、ちょっと勉強することにしました。英語の教材は気が遠くなるほど出ていますが、リーディング用って意外にないんですね。

そこで、高校生の参考書売り場に行って長文読解の教材を探すと、適当な問題集がありました。1回分が嫌気がささないくらいの量で、話題が健康で(高校生用だからね)、ちょっと難しい単語は訳がついていてしょっちゅう辞書を引く必要がなく、意味をとるのに立ち止まって考えなきゃならない箇所が2~3箇所で負担が重すぎず、今の私が勉強するのにちょうどいい感じ。シリーズで4冊あって当分は勉強でき、しかも1冊500円前後。

すばらしい。

中高生の教材は安くて、さまざまなレベルがあって、内容に浮ついたものがなくていいです。通訳案内士の試験を受けたときも、地理や日本史は中高生用の参考書を使って勉強しました。

かつての英文法の参考書が復刊されたり、歴史の教科書を一般向けにしたものが販売されて評判になっているそうですが、わかる気がします。

ああ

先日やった仕事の様子がネットで紹介されているそうです。関係者だけが見られるサイトなので、ご紹介できなくて残念。

…というのは表向きで、まるまる太ったおばさんがヘルメットかぶって顔をてからせつつ大声あげてる様子など、とても世間様に見せたくありません。

どうしても興味のある人は、想像(妄想?)してください。

卒業

卒業シーズンですね。私の卒業ソングは『仰げば尊し』。あの文語の歌詞が泣けます。あの頃、学校というのは格式のある場所でした。

ところで今日、友人(男性)が娘さんの中学の卒業式に参加したんですが、あまりの感動で号泣、午後からの用事を断る事態になったらしいです。奥さんはけろっとして、「そんなわけで午後は行けないんだわ~」と代わりに電話していたそうです。

いやぁ、いいお父さんですね。娘本人がどう思っているかはわかりませんけど。そして、今から成人式、結婚式が思いやられますけど。

大雪

ここ2日ほど、夜中にどかっと雪が降っています。昼間それが解け、夜になるとがちんがちんに凍り、その上に雪が積もります。日中出歩くと、路面は凍ってるところ、雪が積もってるところ、新雪の下が氷のところ、陽が当たってぐちゃぐちゃのところなどが混在し、油断ならない状況です。札幌の雪道で転ぶことは恥ずかしいことでもなんでもないので、転んでもいいんですけど、痛いのでできるだけ転びたくありません。ものすごく緊張し、戦闘態勢で歩いているので、肩やふくらはぎが筋肉痛でぱんぱんで、そっちの方が痛いです。

ってさんざん愚痴ってしまいました…

本当は今日、東京で楽しみにしていた太極拳講習会があり、行くつもりだったのですが、明日朝から仕事があるのであきらめました。夜帰ってくればいいだけなのですが、もし、万一、雪で飛行機が飛ばなかったらと思うと、怖くて東京になんか行けません。雪による見えない経済へのマイナス影響です。晴れると行けばよかったと後悔するんですけど、やっぱり行けませんね。気持ちもふさぎます。

ってさらに愚痴ってしまいました…