本の処分

本を買う話の次に本の処分の話。

本を買っているとそれだけで満足というところがあって、うかうかしているとどんどん本がたまってしまい、ときどきは思い切って処分しないと、本置き場のために家賃を払うはめになる(ま、払ってるのはだんなだけど)。

さっ、処分、処分。

処分といっても古本やさんを呼んで一切合財もっていってもらうだけ。たいていは二束三文だ。最初はあまりの安さに驚いたけど、そもそも自分が楽しみ終わったものなんだし、私の本の場合、ふつうの人が買いたいようなジャンルの本でもないし、こんなもんかと思うようになった。

とはいえ、買い取りのあとにわずかなお金を受け取るのはなんとなくさびしい。1冊ずつネットで売るということもできるだろうけど、売れるまでは置いておかなきゃならないし、処分にはならない。そもそも、お金がほしくて処分するわけじゃない。

そんなことをくよくよ考えていたら、こんなものを発見。

Room to Read

ブックオフがこんな活動をしているとは知らなかった。

まず、売りたい本の所有権をRoom to Readに譲渡する。Room to Readはその本をブックオフに売り、受け取ったお金を世界に図書館を建てる活動に充てるというもの。

もちろん、私がもらうお金は1円もない。でも本というのは中身に価値があるのであって、本という物体に価値があるわけじゃない。中身を自分のものにしたんだったら、1円にもならないのが当たり前だも言える。

もらったお金をうやむやのうちに何に使ったかわからないんじゃ、私の側からすれば1円ももらわないのと大差ない。でもわずかでも世界の人の本を読む楽しみに役立ててもらうなら、同じようにまとめて本をもっていってもらうにしても、やっぱり全然違うと思う。

というわけで、今回Room to Readに寄付することにしました。スタッフは若い声だったけど、イマドキめずらしくきちんとした敬語でていねいに説明してくれ、気分がよかったです。やるときゃやるな、ブックオフ。

「寄付」ということにアレルギーのある人もいると思うけど、こんな方法もあるよという紹介でした。

本サイト、少しだけアップしました。

不渝

始终不渝

不渝 bùyú
変わらない

”が「変わる」です。重慶だけじゃなかったのね、この字。
検索かけてみました。

始终不渝的友情
中国将始终不渝走和平发展道路
必须始终不渝地坚信马克思主义
这个世界真的有始终不渝的爱情吗?

むむむ、人生のいろいろな場面で使われてますね。

扩内需调结构

最近の経済ニュースに出てくる“扩大内需,调整结构”の略ですね。これでも4文字、4文字で中国語らしい感じがするんだけど、さらに縮めてきました。
まさかさらに縮むなんてことはないだろうなあ。例えば“扩需调构”だとか。こうなったらもはや原型を探るのが難しくなります。

ぶーぶー

次の仕事に必要な資料を卓越で物色したのだが、送料がものすごく高くなっててびっくり。書籍1冊につき60元って…。5冊も買ったら送料だけで300元になってしまう。

わずか数元、ペラペラの「GB中国標準」でさえ60元とられる理不尽に、早々に切り上げて当当網に移動。こちらは相変わらず原価の50%の送料(最低送料は50元)でやっている。

しかもなんだか、本の品揃えも卓越より豊富になってるような。気のせいだろうか。

当当網は届くのに少々時間がかかる(というイメージがある)のが難点だが、今後卓越を使うことはまずないだろうなあ。当当網も同様に値上げしたら別だけど。頼むよ、当当網。

追記。1冊120元以上する本を1冊だけ買うときは卓越のほうがお得。そんな壮大な本を買うことはまあそうそうないとは思うけど。念のため>自分。