「中国危うい超大国」「中国 夢と流転―庶民たちの改革開放」

立て続けに中国に関する本を読んだ。


これは評判の本。中国に対しては、好きという気持ちと嫌いという気持ちが混在しており、それを否定する「もう好き嫌いという問題じゃない」とつっぱる気持ちもあったりしてなんだか複雑。書店に平積みしてある本も中国が嫌いだったり、中国が怖かったり、中国は秘境だったり、中国がお笑いだったりしているけど、この本はそういうのがすべて幻想だとはっきり言っている。明快だ。

政治や国際事情にかなり詳しくないと難しいと思う。読んでいてお手上げ、よくわからんというところも多かったけど、なんとなく読んでいてすっきりした。


もう1册は本屋で衝動買いして2日ほどで読み上げた。

私が中国にはまり始めて天安門事件が起き、その後の南巡講話を経て1990年代前半は世界中が中国を見ていたと思う。そして1994年にNHKで放送されたのが『中国~12億人の改革開放』。月1回のペースで11回の放送をテレビにかじりついて見た。その後の再放送は全部録画し、今でもとってある。テーマ曲も、曲自体がいいんだけど、番組の記憶と入り交じって、今でも聞くと鳥肌が立つ。

この本は、その番組のプロデューサーが15年前の番組取材で会った人を訪ねるという形で書かれ、ちょうど先週、番組も放送された。

中国はほんとうに変わったと思う。でも、15年前のあのエネルギーはあまり感じられなくなってしまった。エネルギーに満ちていればいいのかと言えば、そうじゃないとは思う。でも、あの頃のテレビにひきずりこまれそうになるくらいの中国のすごさが、私をここまで連れてきたのだ。そう思うとちょっと寂しい気もする。まあ、たいてい「後日談」というのは寂しいものなんだけどね。

中国語教室の先生が先日中国に行った際、現地の会話を録音してきてくれた。それを使って聞き取り練習。北京の小学生との会話。子どもは小1から寄宿舎生活をしている。

インタビュアー:你上学就在宿舍住,开始的时候感到寂寞吗?

子ども:感。

この会話を聞いてびっくり、「答えって“感”だけでいいんだ!」

確かに考えてみたら“到~”以下は補語なので、“感到”ときたら“感到寂寞”まで言わないとおかしい。でもそこまでわざわざ言うのもふつうの会話としてはしつこい。短く1文字で答えようとしても“对”や“是”もとんちんかん。結局“感”しかないんである。

改めて辞書を引くと、「感:感じる」。あたりまえであった。でもこれを単独で使っていいとは思っていなかった。“感到~”だとか“深感~”だとか“略有所感”だとかを一所懸命覚えて、“感”が使えないとは。

とてもショックだ。小学生とはいえ、ネイティブはネイティブである。


久々に熟語検定作りました。やってみてね!

おかえりなさい

081208sara

この写真を見てピンと来た方。6月1日の日記を見てくれた方ですね。

そうです、あのお皿が新しい姿になって帰って来たのです!!

お世話になったのはぬしやさん。「金継ぎ」という技法で器を修理してくれる工房です。

お皿が割れたと書き込んだ後、私のブログにしてはかなりの反響がありました。直接「直せるといいね」と言ってくれた友だちも何人かいたんですが、その反響がきっかけになりました。

コメント欄にも書きましたが、映画『初恋のきた道』で┌┐型の釘を使って茶碗を直しているシーンがあって、「日本にもこんな技術ってないんだろうか」っていう話になったんですが、よく考えたら日本ほど手先の器用な国でそういう技術がないわけがない、と思い始めたんですね。直すためというよりも興味が湧いてネットであれこれ調べているうちに見つかったのが「金継ぎ」です。

ぬしやさんのサイトを見てもらえばわかりますが、確かにこういうふうに器に金色の筋が入っているのをみたこと、あります。ばくぜんと何だろうとは思ったりしたけど、まさか漆を使って修理したあとだとは。もうン十年も日本人やってますが、寡聞にして知りませんでした。

サイトを見ているうちにだんぜん「ここで修理してもらおう」と思っちゃいました。父はやたらに器用で、定年退職後に始めた趣味はほとんどが手作り系、表装と篆刻はセミプロレベルでした。やきものは上手とは言えなかったですが、父が焼いた皿を直すのはこの技法しかないって。

修理代はもちろん「瞬間接着剤でペタ」というレベルではないですが、その値段をきちんと1つ1つ表示してあるところも職人さんのプライドと良心を感じたので、ブログの写真を早速送り、状況を説明しました。一番の心配は「素人の作ったもので、修理できない質だ」ということでしたが、すぐに返事が来て「大丈夫です、お父さまの思い出の品、心をこめて修理させていただきます」とのことで、お願いすることにしました。

待つこと6ヶ月、加賀でじっくり養生したお皿が帰ってきました。金を使わずにお皿の色に合わせてほしいというリクエストに応えて、深い緑の漆です。父は「そんなにお金かけなくていいんだよ」と言いながら、きっと喜んでくれてるだろうと思います。