写真教室へ

所属している武術協会が来年、20周年である。それで記念誌を作るっていうんで、手持ちの写真を掘り起こすことになった。私は事務局長というか雑用係をしていた時期があったので、保管している写真もかなりある。たいへん有能な現・事務局長によると、カラーのネガはデジタルデータにしてCD-ROMに焼いてくれるという。知らなかった~。すごいんやね、最近は。

新しいことを覚えるとついついやってみたくなっちゃうので、ついでに以前行った旅行の写真をCD-ROMにしてもらった。いそいそと見てみると、なんか、すごい、へたくそ?

10年くらい前、国際審判になってなんだーかんだーと海外に行くようになってから、なんとなく写真を撮り始めたんだけど、使い捨て以外は自分でカメラ買ったことがないんだ、あたしゃ。写真ったって、使い捨てやら借りものやらお下がりやらで、気が向けば何の設定もせずにシャッターを押す、という一点張り。

もちろん、今だって写真が上手なわけじゃないんですよ。でも、昔撮った写真に比べると、最近のは明らかに腕が上がってるような……しかも、ここ2年くらいは、これはっ!と思って撮ったのに、実際にはがっかりな写真だったりして、もうちょっとうまく撮りたいなぁと欲も出てきた。

だんなは写真には詳しいほうなんだけど、私のような直感でバーンと体当たり、というタイプの写真家に根気よくカメラの基礎を教えるのは得意ではないらしく、何度きいても露出とホワイトバランスの違いがわからん。

そんなこんなしていたら、先日ネットで写真教室を発見! 2日間、参加費4000円でデジカメの基礎を習えるという。おお、これはいい。早速申し込んでみたら、「これまでに撮った写真をお持ちください。アドバイスします」とメールが来た。おおお~ますますいい。

2日で一気に名カメラマンになるほど素質があるとも思えないけど、とにかく今持っているデジカメで設定を変えて撮ってみるくらいにはなりたい。

てなわけで、使用前(受講前)の腕前を。典型的ながっかりな写真。北京の茶館で撮った1枚です。

IMG_0318

腐竹用热水泡发
棒湯葉は熱湯でもどす

なんじゃ、この“发”は。
辞書を見ると、

発酵する(させる)、(乾燥したものを)水でもどす

とあった。し、知らなかった。「発酵」はまだ「発」があるけど、「もどす」とは…
さらにほかの辞書を見ると

広がる、大きくなる、伸びる

という項目に

面发了
小麦粉が発酵した
发木耳
キクラゲを水でもどす

の例文が出ていた。ふーん広がる伸びるから発酵もどすになるわけね。

通訳写真

先日やった講座で通訳をしているところを、メンバーの方が写真にとって送ってくれた。見ると、どの写真も明らかに講師より私のほうがでかでかと写っている。がーん。

これは私のほうが身体がでかいからなんだよね。それとも黒のスーツで存在感ありすぎなのかな。それならあきらめもつくけど、もし…もし講師より態度がでかいんだとしたら、通訳失格だって。

写真でよかった。ビデオで講師を凌駕する態度のでかさだったりしたら、立ち直れないところだった。

反省しました。そして勉強になりました。

没齿不忘

没齿不忘
終生忘れられない

“没mò”は「尽きる」、“齿”は「年齢」の意味。
告白:歯がなくなるような年齢になっても忘れられない…なのかな、などと勝手な解釈をしてしまった。
ネットで見てみると

末齿不忘
莫齿不忘
过齿不忘
沾齿不忘

など、さまざまな変形が見つかった。上の2つは“没”の字が変わっちゃっただけだと思うけど、下の2つは「一度食べたら忘れられない味」といったような意味で使われている。いくつかの辞書にあたってみたけど見つからないので、“没齿不忘”をふまえて作られた言葉なのかもしれない。

お勉強計画

バタバタと1年がすぎてしまった。つくづく「もうちょっと中国語の勉強がしたい」と思う。

仕事も入るようになったとはいえヒマなときはほんとにヒマで、力が落ちないようにしなければとあせる。古巣の中国語教室には「もう卒業せい」と追い立てをくらっているにもかかわらず、むりやり先生に月謝をおしつけて通っている。先生は「そんな中国語力でいいのか」とハッパをかけてくれる、私の最後の頼みの綱だからだ。

仕事のないときには中国語を離れて頭を休めるほうがいい、というくらい仕事が入るようになったらやめます。でもいつのことやら。

週1回の教室ではほんとうに最低限でしかない。力をつけるには仕事をするのが一番なんだろうけど、まだまだヒマな時期のほうが長いので、自分でどうにかしなくてはならない。

今年は通訳の仕事が多かったので、反動なのか、落ち着いて机に向かって文字を読む勉強がしたくなっている。ということで、翻訳の通信講座を探してみたら結構あるんですね。それぞれに特徴があり、仕事に結びつきそうなおいしそうな講座もあるんだけど、実際に仕事に結びつくのはあくまでも中国語力、翻訳力であって、講座を受けたか受けないかじゃない!と自分に言いきかせる。

自分の中でどんな勉強をどのくらい(時間やお金やエネルギーを)かけてやり、どのレベルに達したいのかをちゃんと見定める必要があるだろう。もう少し、考えてみます。