荏苒

光阴荏苒

月日が徐々に過ぎていく

またまた見たことない字。“荏苒”だけでもほぼ同じ意味だ。
“荏苒”を百度で検索したら“荏苒是什么意思”だの“荏苒怎么读”だのがヒットした。中国人にとってもあんまり見たことない字なんですね。ちなみに発音はrěnrǎn
ほかの語との結びつきでは、

岁月荏苒
时光荏苒
时间荏苒

などがあった。
なお、日本語でも“じんぜん”と読んで

月日がゆったり流れること

という意味で使われている。そうだ。

「下山事件(シモヤマ・ケース) 」

なんだかごたごたしたいきさつがあったみたいですね。そのごたごた自体は、一方の言い分だけを聞いてどうこう言うことはできないので、なんとも言えません。

ただ、この本についてだけを純粋に言うなら、下山事件に関する本ではなく、下山事件を調べようとして結局ごたごたしてしまったということを書いた本としか思えませんでした。

くさってました

ちょっとイヤなことがあり、2日ほどくさってました。

私はそういうとき、とことん考えて、自分で納得ができればあとはすぱぁ~っと忘れられるたちです。

今回もうだうだ考えていましたが、自分のやるべきことがはっきり見えてきて、むしろよかったかも。

何のことだかわからないですよね。ま、とにかく今はすっきりしてます。

英語か。

おととい、あるところの採用面接を受けたのだが、そこで英語について聞かれた。

武術の国際大会でも英語を使う場面があるし、できるといいかなと思って英語を少し一所懸命勉強した時期があったのだが、やはり中国語に力を入れたかったので、今はやっていない。

その頃、どれくらいできるようになったのかなと思ってTOEICを受けたらかなりいい成績だったので、今回履歴書に書いてみた。枯れ木も山のにぎわいのつもりだったのだが、まさかそれに注目されるとは。

TOEICの点数は、もう時効だ。海外旅行で通じなくて困ったなんていうことはないけど、きちんとした話、込み入った話はできない。きっぱり。

それにしても、中国語で仕事をしようとするとき、英語ができることが高く評価されることが多い、という話は聞いていたけど、最近、今さらながら実感としてわかってきた。英語、ちゃんとやったほうがいいのかしら。

今はあの頃の力はないけど、何をどれくらいやったら、当時の力に戻れるかはだいたいわかる。でも、それに割く時間とエネルギーがあるなら中国語に割きたいんだよなあ。とはいえ、「今はもうそんなにできません」と言い訳しつつ、時効になったTOEICの点数を書いて売りにするっているこすい手段も恥ずかしい。

悩むところです。

終了~

さっき、訳文をメールで送りました。とりあえずやれやれ。

朝食を詰め込みながらTVを見ていたら、昔勤めていたところの近所の商店街が出ていた。いや~なつかしい。

ときどき出前をとって食べたおそばやさん1)”まだ若かったので、冷やし力うどんなんていう、炭水化物だけのメニューが気に入っていた、お弁当がおいしいお肉やさん2)幕の内の味とボリュームはさいこーでした。ものすごく食べてましたね、あの頃は。あのへんは東京の真ん中とは思えないほど、ずっと変わりませんねえ。

東京は山の手、下町、新しく開発されたスポット、と場所によって全然表情が違って、街歩きが楽しかった。札幌は、どこに行ってもなんとなく同じ感じがして、私にはちょっと不満。雪で1年の半分は街歩きできないし。

とはいえ、街歩きの気持ちいい季節です。今日は学習会メンバーと市内見学です。

   [ + ]

1. ”まだ若かったので、冷やし力うどんなんていう、炭水化物だけのメニューが気に入っていた
2. 幕の内の味とボリュームはさいこーでした。ものすごく食べてましたね、あの頃は