雄霸

雄霸国内同行业

中国中央广播电台のニュースに出てきた単語。字を見るとまあ意味はわかるんだけど、辞書には載っていない。ネットで検索をかけると、

雄霸天下
雄霸市场
被连锁店雄霸

などが見つかり、動詞として使われているようだ。
ところが、中に名詞(固有名詞)として使われている例があった。1988年の香港映画『風雲/ストームライダーズ』に「雄覇」という登場人物が出てくるのだ。この映画の原題が『風雲之雄霸天下』(『風雲雄霸天下』になっているサイトもある)となっているんだけど、まさか…ここから使われ出した単語なのか…?
いずれにしても、中国中央广播电台のニュースで使ってるわけだし、すでに市民権を得た単語のようだ。

入金があったけど

ちょっと前にやった仕事、入金しましたの連絡をもらったので、銀行にすっとんで行って記帳したら、全然アテにしていなかったのにかなりの額が入っていた。ひええ、おありがとうございますぅ。

改めて今年に入ってやった仕事と入金状況を見てみたら、3月にやった分の翻訳料がまだだ。そっか、あそこは翌々月払いだから入るのは来月なんだね。するってぇと、これからお金が入るんだね!

通帳の残高がチャリーンチャリーンと増えていく映像がぼわわんと浮かぶ。どうしよう、こんなにお金持ちになっちゃって。

中国にでも行こうかなぁなんて、うきうきとインターネットで航空券の値段なんか調べていたんだけど、ふと我に返ると、今、こんなことしてるヒマがあるってことは、その次に入ってくるお金はないってことなんだね。このお金を使っちゃったら素寒貧ってことなんだね!

中国行きは凍結。ああ、仕事ほしい。

トライアルを受ける

応募した翻訳会社からトライアルが送られてきた。トライアルにこぎつけるだけでもなかなか大変なので、これはありがたいことだ。

見てみると、これまでやったことのない分野は相当てこずりそうな感じ。あああ、せっかくここまで来たのに。がんばらなきゃっ。

中国政府吊唁叶利钦逝世

吊唁
diàoyàn

弔問する、お悔やみを言う

おお、見たことのない字。“吊”にも“唁”にも“弔う、弔問する、お悔やみを言う”という意味がある。
ほかにも

吊丧
吊孝
吊慰

なんていう言い方もするようだ。
“唁”を含んだ語には、

唁函
悔やみ状
唁电
弔電
唁词
弔辞

などがあった。

「裁判官の爆笑お言葉集」

この間読んだ『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』で勢いがついて読んでみた本。正直いって、面白くなかった。「懲役4年」は素人の純粋な疑問や感動が伝わって、それが臨場感になっていたんだけど、こっちの本は中途半端に玄人っぽくて、「あ、そ」としか言えない感じ。書きようによっては面白くなると思うんだけどね。