ブックカバー

家に帰るなり、マフラーさえとらずにまずパソコンの電源1)立ち上がりが遅いんだもん、という追いつめられた日々が終わり、編み物なんか始めちゃいました。しばらくやってなかったから手がアホになってて、作り目ができなかった。

だらだらした本も読もうかなと古本屋あさり。紙が黄色くなった文庫を買ってきたので、ブックカバーを手づくりしようかとネットで型紙を探していたら、こんなサイトを発見。

本の洋服屋

なかなかかわいいです。

   [ + ]

1. 立ち上がりが遅いんだもん

まずはかけ声から

論文も一段落し、先週いっぱいで中国語講師の仕事も1つ終わったし、長らく続いていた翻訳も終わったのでいよいよヒマができた。

さあ、中国語の勉強をするぞ!

と思っていたのに、してしまったのは昼寝。だって、だって、眠いんですもの。30分くらい横になって出かけようと思っていたのに、はっと気づいたら1時間以上たっていた。相当ぐっすり寝込んでいたらしい。

そんなわけで、勉強は明日以降に。

伺机

伺机待产

待产

をみると

出産を待つ、産気づく

と書いてあるんだけど、工場の話なんで、きっと生産を待っている状態ってことでしょうね。じゃ、今は生産してないのね…。

伺机

のほうは

チャンスを待つ

ですが、但し書きで「単独では使われない。必ず後ろに動詞がくる」とあります。へええ。
どんな動詞がくるのか見てみると、ネットでは

伺机突破(株なんかに使われてます)
伺机而动(而を入れて4文字にしてるのね)
伺机分球(バスケットでパスを出そうとしているところ)
伺机报复(!!!)

なんていうのが見つかりました。
あと、伺候(cìhou)の連想で、発音はcìjīだと思ったら、sìjīでした。

ラーメン鍋

今日は鍋だ。だって、準備がラクだから。あ、いや、野菜もいっぱい食べられるし、からだもあったまるし、ねえ。

冬はどうしても鍋が多いんだけど、うちにはシーズンごとに、ブームになる鍋というのがある。何年か前はモツ鍋で、そのあとキムチ鍋がブームになった年もあった。そして、今年はラーメン鍋。

塩ちゃんこを食べてから、最後にラーメンを入れてスープと一緒にいただく。鍋と言えばぞうすいかうどんという常識を打ち破る(それほどおおげさなもんじゃないけど)画期的な食べ方で、今年はこれにはまっている。

論文も出し終わったし、今日は時間も気持ちも余裕たっぷり。これまでは鶏肉のぶつ切りでやってたんだけど、今日はこまかくみじんにしたネギとしょうがを入れて鶏つくねを作った。ラーメンはいつまでもぐつぐつ煮込んでるとドロドロになっちゃうので、さっさと食べましょう。お好みでこしょうをふるとさらにおいしいですよ。

ということで満腹。