留学の報告をしに

指導教官が今日は時間があるというので、図書館で本を探しがてら留学の報告をしに行った。

私の実感としては、この半年で一番レベルアップしたのは書くことで、次はしゃべること。とはいえすごくよくしゃべれるようになったというわけではない。留学前は簡単なことを言うにも頭の中で中国語を作る工程に時間がかかって間があくという感じだったのが、反応が速くなったというだけだ。

問題は残り半年である。

中国留学と日本で勉強することの一番の違いは、音によるコミュニケーションの量だ。つまり、会話。聴くことに関しては、日本でも勉強しようと思えばいくらでも方法はあると思うが、会話は相手がいなきゃどうしようもない。

かといって、街へ出たからといっても、買い物だのタクシーだので話す言葉なんてたかが知れている。「そういう場面で中国人がするようなくずれた言い回しができるようになっても別に自慢できることじゃない、そういうのは『低層漢語』というんだ」と留学先の先生が言っていた。

互相学習もしたけど、とにかく大学生たちと私は年が違いすぎる。J-POPアーティストだの最近のテレビドラマだのちんぷんかんぷんの私とじゃ彼らは全然おもしろくないだろう。私だって何を言っても子ども子どもしたことしか言えない彼らとじゃおもしろくない。

やっぱりある程度の内容、ある程度の量を話せるというのは、結局授業の中ということになってしまう。先生は、本科の聴講をしたらどうかと言ってくれた。それもただただ聞いているだけじゃないだろうかとも思ったが、寮の部屋でボケーッとテレビドラマを見ているよりはいい勉強だ。

あれはダメ、これはダメと言っているのは、次から次へと新しい教材を探して買っているようなものだろう。とにかく現地にいたらどんな相手とでも、どんな内容でも、中国語で話さなければどうしようもない。それこそが私が留学に求めていたものだったはずだ。

学習会に出る

家でごろごろしているといくらでも錆びついてきそうなので、友だちとやっている相互学習会に顔を出した。今日やるニュースの聴写の音声ファイルを送ってもらったので予習していくことにしたが、全く聞き取れなくて焦る。

なんとか全部聞き取って行ったが、やっぱり2ヶ所ほど間違っていた。うう、錆びつくのは想像以上に早い。

久しぶりに刺激を受けてよかった。明日から気合いを入れて勉強するぞ。

同学からのメール

半年間、一緒に勉強した同学からメールが届いた。すでにフランスに戻り、9月の卒業に向けて勉強中とのこと。

「とりあえずお金がないから働かなきゃならないけど、少したまったらまた中国へ行く。今度は中国で仕事を探したい」という。

いつもきっぱりとしていて、努力家だった彼女のことだから、きっと実行するだろう。もし私が西安にいる間に会えたらうれしいんだけど。

ホテル・ルワンダ

やっと自宅に戻った。西安を出てから約2週間、東京とシンガポールに行ってさすがにへとへとである。今日は昼過ぎまで寝ていた。

ところで、シンガポールに行くJALの中で「ホテル・ルワンダ」という映画を見た。先行上映と書いてあったから先取りのつもりで見たのだが、すごくよかったので日本でも見ようかなと思ったら、なんと日本では上映予定がない。じゃあ、「先行上映」じゃないじゃん!

くっだらないハリウッドのドタバタ映画ばかり上映して、日本の配給会社の知性を疑う。

この映画を日本でも上映させようという運動が起きていることを知った。西安とは全然関係ないけど、私のHPを見てくれている若干のみなさん、ついでにこっちも見てください。

『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会 (すでに閉鎖されています)