ラッキー

かなり正式な歓迎パーティの仕事。とはいえ正式なあいさつは正式な通訳がやり、私は2人のテーブルスピーチの担当でした。

エージェントにも、主催者にも、原稿は出ないと言われていたし、これまでもフランクなテーブルスピーチで原稿が出たためしはないのであきらめていました。正式な通訳はちゃんと訳さなきゃダメですが、言うことはだいたい決まっています。でもテーブルスピーチはどんな話題が出るか、わかりません。スピーカーの経歴だけはチェックして、あとはぶっつけ本番でやるしかありません。

会場でスタンバイしていると、スピーカーの1人が早めにいらっしゃいました。「通訳を担当します」とごあいさつをし、ついでにダメ元で「どんな話をされるか、もし決めていらっしゃったら教えていただけると助かります」と言うと、「ああそうか。話すこと、メモしてあるんだよね。コピーしてくればよかったなあ」。

欣喜雀躍。会場のスタッフを呼び、コピーをお願いして、本番までの短い間に目を通すことができました。

スピーチは予想どおり、少しユーモアをまじえたもので、途中、私の訳で中国側のお客様がどっと笑ったときには思わず「やった!」と思いました。これも、スピーチメモ(というより、ほぼ原稿だった)をいただけたおかげです。あきらめずに聞いてみてよかった。

もう1人は原稿なし。こちらもユーモアたっぷりのたのしいスピーチでした。実は、今回の中国側のお客様は先日の仕事のお客様と同じ省の方で、先日「うちの省ではこういうんだよ」とあるものの名前を教えてもらっていました。なんと、このスピーチにそれが出てきたのです!

日本側がスピーチでわざわざ話題にするのですから、現地では有名なものに違いない。それはごく普通の単語で、普通話で何と言うかはわかっていたのですが、その教えてもらった言い方で訳しました。中国側のお客様、大喜びで拍手(拍手は通訳にではなく、スピーチの内容に対して、ですけど)。こちらも「やった!」と思いました。

ラッキーが2つも重なり、帰路についても少し興奮していました。それにしても、通訳は貪欲に情報を集めて自分のものにしなければいけないと、改めて痛感しました。

ヨロヨロ

久しぶりに通訳。

あまりに久しぶりなので不安で、断ればよかったと思いながらスタート。案の定、最初のしゃべり出しはヨロヨロでした。過去に2~3回やった分野の視察だったので、資料は揃っていたし、どんな話が出るかの想像はついたので、そちらはあまり心配ではなかったのですが、中国語そのものが怪しかった。

でも(これもいつものことだけど)中国側にものすごく熱心で、視察時間に構わず専門的な質問をし続ける人がいました。時間の管理は受け入れ団体がするので考えないことにし、必死でくらいつきながら通訳していたら、だんだん調子が戻ってきました。

ほんと、通訳は場数です!

結局、最後の宴会では代表団の人が次々に「いい通訳ありがとう」と乾杯しに来てくれました。まあ社交辞令だとは思いますが、絶望的ではなかったようです。

別の案件の依頼もいただいたのですが、出張と重なって断念。せっかく調子に乗ったのでやりたかったんですけどね。また間があいて、次やるときにはヨロヨロからスタートかぁ…。

達成感とがっかりが同居した帰宅でした。

記念碑的

「記念碑的作品」ということばに、翻訳会社から「日本語として不自然」と言われてしまいました。

びっくり。私は全然おかしくないと思うんだけど。

言い換えてくれと言われればしかたないので、「不朽の名作」「エポックメーキングな作品」「歴史に残る作品」「一時代を画した作品」など、山ほど(イヤミかな)代替案を送っておきました。

ずっと以前、翻訳者さんのブログで、「『喫緊の』と訳したら、翻訳会社から『もっとわかる日本語にしてくれ』と言われた」という記事を読んだことがあります。私も「喫緊の」は違和感ないですが、業界によっては(アパレルとか、音楽とか、ITとか…)嫌うかもしれない。

実務翻訳やってると、業界(分野)の専門知識もそうですが、こういうことばの使い方にひっかかることがあります。ここはあえてカタカナ語にしたほうがいいのかな~とか。

あと、独特の言い回しもいやですね。「落とし込む」だとか、いまだになんでこんな言い方するのか、よくわかりません。

多忙中

7月に入って忙しくなりました。3週連続の上京に加えて大きな翻訳が入ったんです。

うーん…実はちょっと納得のいかないお仕事なんですけどね。詳細を書いて愚痴るくらいなら承けるなって思うので、忘れてがんばります。

これが終わると8月は夏休み。仕事もありの3都市周遊の旅ですが、圧倒的に仕事は少ないので、やっぱり楽しみ。

年度末

この2~3週間、とても忙しかったです。商談会通訳が3回あり、東京に2回出張し、高校の授業があり、その間に翻訳をやり。やってもいいし、断ってもいい仕事が先に決まり、あとから入ってくるのは断りづらい、あるいは是非ともやりたい仕事というパターンが多く、結果、ギチギチになってしまいました。

でもとりあえず昨日で一段落し、ほっとしました。今抱えているのは期間が長く、きっちり締め切りが決まっていない翻訳なので、気分的に楽。とはいえ、あと10日ほどたつと大学の授業が始まり、出張が続くのでまた忙しくなります。今はつかの間ののんびり期。次の仕事に備えて資料の整理などをする予定です。

あと、1つうれしいことが。雑誌の翻訳をやらせてもらうことになりました。小さくですが、翻訳者の名前入りです。訳していて記事がとてもおもしろかったので、興味のある方はぜひ読んでみてください。