単語を覚える

先日出版した本を買ってくださった方々から、中国語学習についての質問をいくつか受けているので、著者数人で集まって答えを検討しました。

あれこれ話し合っているうちに、だんだん検討がおしゃべりになり、「どうやって単語を覚えるか」という話題になりました。以前ブログに書いたことがありますが、私は死背ができません。単語は出会ったときに文脈の中でなんとなく覚えます。一発で覚えられることもありますし、忘れることもうろ覚えもあります。あまりよく覚えられていないときは、またその単語に出会ったときに、なるべくその単語のプロフィール(?)を知るようにします。

2文字の単語なら、漢字1文字ずつの意味を調べる。同じ漢字を使った別の単語を調べる。同義語や反意語を調べる。あと重要なのは、例文をたくさん読む。今ならネットで使われている用例も見る。1つの単語をいろんな角度から眺めてみるわけです。なんだか同じクラスの男の子が気になり始め、いろんな場面で「この人って、こういう時には、こんな行動をとるのね」と知っていくような感じです。

以前、漢字も意味(日本語)も発音も覚えられるのに声調が覚えられない時期がありました。そのときは、声調を明確に覚えていない単語に出会うたびに、声調記号を穴のあくほど見つめ、単語を発音し(声調を意識しつつ)、その単語を書くときは必ず声調記号をつけました。なんだか同じクラスの気になる男の子がバスケ部で、「この人のバスケしている姿を、永遠に私の胸に刻んでおこう…」と彼の試合を見つめ続けるみたいな感じです。それを1年くらいやって、声調に対する苦手意識がだいぶなくなりました。不思議なことに、そうやって覚えたもの以外の単語の声調も、覚えやすくなったんですよね。

自分でもどういうふうになっているのかよくわかりません。キクタンを聞きまくるとか、単語カードとか、漢字を何回も書くとかの苦行系の単語学習をしないので楽な部分もありますが、なかなか定着しない単語(いつまでもミステリアスな人)を覚えるときには、苦行系で無理やり刷り込めるほうがいいなあと思ったりします。

最近は、初めて出会う単語が使用頻度の低いものになってきています。以前HSKに使用頻度を基準にした単語リストがあり(今もあるのかな?)、よく使うものから甲乙丙丁と分かれていました。最近仕事で出会う単語は丁級とか、それにすら入っていないものもあります。つまり、もう2度と会えない人かもしれないわけで、まあ覚えなくてもいいか~と思うと、なんとまた会って悔しい思いをしたりします。

どんな外国語もそうでしょうけど、単語を覚えるのは永遠の課題ですね。

久しぶりにNHK

昨年度(もう一昨年ですが)NHKラジオ レベルアップ中国語「つかみの中国語」がとっても評判になりましたね。私もちらっと聞いて「おもしろそう!」と思っていたのですが、なんだかその頃は仕事が忙しく、気持ちが落ち着かなくて結局聞かずに終わり、4月から再放送もあったのに、それも逃してしまいました。

その講座の続編が1月から始まっています。最近時間が取れるようになったので聞いているのですが、ほんとにおもしろい。うわさの加藤先生の話しっぷり(この魅力が大きい)はもとより、ラジオドラマ形式で先が聞きたくなるし、内容もなかなか歯ごたえがあります。

こうなると俄然前作が聞きたい。テキストとCDを買おうと思って3軒ほど書店に行ったのですが、最近はバックナンバーを置かなくなったんですね。知らなかった。出版社から取り寄せようかと思いましたが、4軒目ジュンク堂にはありました!

中国語の勉強でうきうきするのはいつ以来でしょうか。久しぶりにNHK講座に真剣に取り組んでいます。まずはひととおり聞き、つかみのひとことを覚え、次は聴写でもしようかな。

 

カンフル剤

結婚して本州に行った中国語仲間が里帰りしていて、久しぶりに会いました。子育てが一段落して、仕事に復帰するとのこと、恭喜であります。

中国語の先生を交えて久しぶりの食事会の後、先生のやっている教室の授業があるというのでおじゃましました。

あ~いいなあ、こういう雰囲気。中国について、中国語について、知らないことを教わって、1つ1つ辞書を引いたり、ノートに書き留めたり、発音してみたり、同学の解答に感心したり、コメントしあったり、(おしゃべりしたり)。

ネットで中国語の情報を探し、最新の話題に関する単語を集め、片っ端から聞いて、リピートして、訳して、はい次! っていう勉強も緊張感があるし必要なんだけど、こういうスローな勉強ってじわじわ浸透してくるんですよねえ。

なんてしみじみしていたら、授業後に先生が「おいで~」と呼んでいます。何かと思ったら、「これから短い文章流すから。訳して。はい」と、突発的サプライズ的強制的に通訳練習。しばらく通訳から離れていて反応がバカになっている自分をののしり、先生に言い訳し、つっかえながら訳し、でもうれしくてたまりませんでした。

最後に総括として「成语をもっと勉強するように。聞いてわかるのも増やさなきゃいけないし、使うんだったら『ここ』ってとこで『これ』っていうのを使うように」と言われました。

先生、それレベル高すぎて、アドバイスになってないよ…。

わずか10分の授業は、久々のカンフル剤になりました。勉強しなきゃ! 次にまたこういう機会があったら、「おっ」と言わせたいです。先生は「おっ」なんて言わないでしょうけどね。

 

もっと会話を

中国語の勉強仲間でビアガーデンに行きました。半年に1回くらい、声をかけて集まれる人が集まって楽しく飲むというだけなのですが、なんとなくゆる~く続いています。

誰かのおめでたいことがあれば祝い、仕事の愚痴を言い、旅行に行けばおみやげを配って写真を見せ、ファッションをほめ、子どもの成長に驚き、まあたわいもない話ばかりですが、たまには真剣に中国語上達の話をします。

今回は「なんといっても中国語で会話するチャンスが少ない!」という話が出ました。

仲間うちには中国語ネイティブとがんがんやり合う職場の人もいるし、会話は全然必要ない翻訳メインの人もいますが、その中間的な人もいます。

たま~に中国人と話す必要があるけど、そんなにひんぱんじゃないから、いざ話す時に思うようにしゃべれない。

たま~に中国人と話して、それなりに通じてはいるけど、間違ったところがきっとあると思うし、もっとスムーズにしゃべりたいけど、直してもらえない。

自主学習会は日本人だけでやっていて、今は通訳練習や聞き取りがメインです。割合レベルの高いことをやってるとは思うんだけど、通訳と会話はやっぱり違いますからね。

私もどちらかというと、このグループかな。考えてみたら、最後の通訳から半年くらい、まともに中国語で話していない気がする。

何か対策を考えたほうがいいなあ。

 

魔性妹纸傅园慧

中国ではすごい人気だそうで。かわいいなあ、若い子っていい。

よく聞くと、成語っぽい表現がちらほらと聞こえます。

洪荒之力

生不如死

心满意足

こんなにコーフンしてても、中国人は普通に言うんですね。

こんなにさらっと言ってみたいけど、道は遠い。傅园慧じゃないけど、Ahhhhhh—–と叫びたい気分です。