リフレッシュナビ

日本語入力はずっとATOKを使っています。翻訳を始めた頃、Microsoft IMEが使い物にならなかったのがきっかけです。とはいえ、使っているバージョンは2006。胡錦濤も習近平も変換できないので、さすがに新しくすることにしました。

Google IMEも評判がいいようですが、インターネットで多く入力されている単語が優先的に変換されるので、正しい使い方かどうか不安です。最近の芸能人の名前が変換されるよりも、翻訳の質に関わる正しい漢字を確実に変換してくれるほうがありがたい。あとは、ATOKの使い勝手に慣れちゃったので、よほどメリットがない限り、新しくしようという気にならないです。

導入当時ユーザー登録したかどうか記憶になかったんですが、ずっと使い続けているメインのメールアドレスを入れたら、ちゃんと登録されてました。おかげで、バージョンアップ版を買うだけですみました。

使ってみると、劇的に使いやすくなったというわけではないですが、むしろそんなに変わったらこれまでの環境がダメだったということだから、これでOK。IMEって、目立たず静かに仕事してくれればいいのです。

しかし1つだけ、ちょっといい機能がつきました。リフレッシュナビ!(多分)入力時間や打ち間違いなどから疲労の度合いを予測し、あるレベルに来ると「そろそろ休憩しませんか?」という表示が出るのです。しかも、そのアドバイスを無視して入力し続けると、しばらくしてひっそりとコーヒーカップのマークだけを表示してきます。「お忙しいようですね。無理にとは言いませんが、むしろ少し休んだ方が、結局は効率がいいと思うんですよね…」という風情。

自分で1時間ごとに休むと決めて、タイマーでもかけておけばいいようなものですが、自分で決めたことって自分で反故にしても心が痛まない。でも、他人(ATOK)から言われるアドバイスは、素直に聞こうという気になります。

私はこの機能、すっかり気に入りました。表示が出たらとにかくパソコンの前を離れて、コーヒー入れたり、レンジで温めるアイマスクを乗っけたり、夕食の準備をしたりしています。

絶対使った方がいい!とまでは言いませんが、リフレッシュナビくらいの風情で、ひっそりお勧めします。

テープ起こしプレーヤー

スクリプトのない音声教材を使うときは、自分で起こします。再生を止め、入力して、また再生するとき、2秒か3秒巻き戻って再生を開始するテープ起こし専用ソフトが便利。これまではおこしやすというフリーソフトを使っていたのですが、4年ほど前に開発が終わってしまいました。今の環境でも使えるので引き続き使っていたのですが、新しいソフトを見つけました。

テープ起こしプレーヤー

テープ起こしの会社が無償で提供してくれています。使用目的などのアンケートに答えるとダウンロード可能になります。さっそく手に入れました。

説明に「現在広く普及しているソフトを参考に開発しました」とあるのですが、おこしやすのことでしょうか。見た目や使い勝手が似ています。おかげで迷うことなくすぐに使うことができました。ありがたい!

テープ起こしをする人、私のようにスクリプト作りをする人、入力でディクテーション学習をする人にも役立つと思います。

 

新しいガジェット

新年度を迎えるにあたり、ガジェット周りをいじりたくなりました。

まずはタブレット。①軽くて持ち運びが苦にならない、②Microsoft office搭載、③HDMI出力端子がついている、④その割には値段が安いという理由でノートPCの代わりにと買ったwindowsタブレットなんですが、動きが重くてやっぱり代わりにはならないかな…と買い換えを考えていました。

でも重い原因になっている常駐ソフトは…と考えてふと思いつき、ウイルス対策ソフトを軽いものに替えたらがぜん動きがよくなりました。これでしばらく買い換えの必要はなさそうです。

PCに買い換える必要がなくなったので、プレゼンターを買うことにしました。

実は私は年に数回、自分でパワーポイントを使って講義することがあり、そのときにはレーザーポインターを使っていたのですが、これではページ送りや動画再生ができません。レーザーポインターとは別に、プレゼンターがほしいなあと思っていたところでした。

見に行くと、大々的に展開されている製品があり、展示していた担当者らしき人が「3月22日に出たばかりです!」と押してきました。

おお、かっこいい! 「レーザーポインターは発表者がスクリーンに向かわなければならず、聞く人に背中を向けますが、そういうことがなくなります。レーザーのポイントは小さくて見にくい場合がありますが、これははっきり示せます。20メートル離れても反応します。1分の充電で3時間のプレゼンに対応します…などなど」。なるほど。

少人数で液晶モニターを使って講義することもたまにあって、そうするとそもそもレーザーポインターは使えないし、これはいいかも。目の前で同じように見ていたサラリーマンらしき人が「もらっていきますわ」とお買い上げしています。なかなかのお値段だったのですが、私も思い切って買いました。

このほか、細くて軽いHDMIケーブル、小さいカードリーダー、USBハブなど細かいものも少し買いました。これまでマウスやこういう小物は適当なポーチに放り込んでいたのですが、これを機にタブレットと小物類を一緒に入れられるポーチを購入。大きさはA5より少し大きく、必要なものを全部入れても800グラムでした(キーボードは別)。

満足。早く出張に行きたいです。

新ソフト

iPod touchが粉砕し、androidスマホで授業や学習会の音出しをしていたのですが、新たな問題が発生しました。

音が小さい!

最初に使った時はスピーカーの電池切れかと思うほど小さかったです。調べてみると、androidの音量が小さい件はあちこちに書かれていました。

スピーカーの音量をいっぱいに上げたり、音源の音量を事前に調整して大きくしたり、音量を上げるアプリを入れたりしましたが目立った効果なし。最近の学生は教室の後ろにかたまってしまうので、音が届いているのか不安で、対策を考えなければならなくなりました。

うーんでもこれだけのためにiPodを買うのはなあ…。なんとか手持ちの機材でどうにかならないだろうか。といっても手持ちの機材といえば…MDプレーヤー(文物)、カセットプレーヤー(化石)、windowsタブレットかあ…というわけでwindowsのアプリ探しです。

そしたら、ありました! その名も「聞々ハヤえもん」。かなり評判がよく、しかもレジストリを使わないインストール不要の使いやすいフリーソフトです。

少なくとも自宅でのテストではandroidスマホよりもかなり大きな音が出ました! よかった。

タブレットなので小さくて操作がやりにくいといえばやりにくいですが、あまり問題はありません。というのは、そもそもアプリにこだわっているのは、あらかじめ決めたところ(1文ずつ、とか)にトラックマークをつけて、分割して音を出したいためなので、あわてて止めたり次の出だしを探したりする手間がはぶければ小さくてもまあ対応できるし、そもそもマウスを使うこともできます。

フリーソフトってかゆいところに手が届くようなニッチなものが多く、あるとものすごく便利。私はけっこういろいろ使ってる方だと思います。ほんとにソフトを開発してくださる方々には感謝感謝!!

さよならipod touch

ipod touchの液晶が割れました…。

Exif_JPEG_PICTURE

小さなポーチに入れて持ち歩いていたのですが、久しぶりに出したらこんなことに。操作してみたら動くし、保護フィルムを貼ってあるので崩壊は免れていますが、いよいよ潮時かもしれません。

これは第4世代のipod touchで、OSが古くて使えなくなったアプリがたくさんあり、海外で使えるようにandroidスマホを買ってからは、授業や通訳学習会の音声教材の再生専用になっていました。

それならandroidでいいようですが、ipod touchを手放せない理由がありました。それはErahidaeonというアプリ。mp3音源の任意の場所にいくらでもトラックマークをつけられ、そこで自動的に止めることができます。リピート練習にしろ通訳練習にしろ、1文か2文で音を止めなければならないので、操作にかかりっきりになってしまいがちですが、それがいらなくなるのです!

ipod touchのアプリのうち、FLNewsとこれはものすごく使っていて、ホントになくては困るのですが、どちらもiOS版しかありません。しかもこの2つのアプリはここ数年バージョンアップされていないので、この古いipod touchを使い続ければいいかな~と思っていました。ところがFLNewsのほうは、NHKオフィシャルのアプリNHK WORLDがリリースされて必要なくなったので、いよいよ残るはErahidaeonだけだったのです。

さあどうしよう。新しいipod touchを買うか、中古の第4世代を買うか、液晶が割れたまま使い続けるか。でもandroidに同じ機能のアプリがあれば、ipod touchにこだわる必要はなくなる。

というわけで探してみたら、ありました! 探してみるものですね。

Audipo (音楽プレーヤー 倍速再生 耳コピ リスニング

Audipo (音楽プレーヤー 倍速再生 耳コピ リスニング)
開発元:Lapis Apps
無料
posted with アプリーチ

A-B区間リピート機能のあるアプリはたくさんありましたが、複数のトラックマークがつけられて自動で止まる機能があるのは、私が見た中ではこれしかありません。あまり需要のない機能なのかなあ。

これでいよいよipod touchはいらなくなりました。なんだか感慨深い。長い間ありがとう、お疲れさま。