『貝と羊の中国人』

久しぶりにNHK

昨年度(もう一昨年ですが)NHKラジオ レベルアップ中国語「つかみの中国語」がとっても評判になりましたね。私もちらっと聞いて「おもしろそう!」と思っていたのですが、なんだかその頃は仕事が忙しく、気持ちが落ち着かなくて結局聞かずに終わり、4月から再放送もあったのに、それも逃してしまいました。

その講座の続編が1月から始まっています。最近時間が取れるようになったので聞いているのですが、ほんとにおもしろい。うわさの加藤先生の話しっぷり(この魅力が大きい)はもとより、ラジオドラマ形式で先が聞きたくなるし、内容もなかなか歯ごたえがあります。

こうなると俄然前作が聞きたい。テキストとCDを買おうと思って3軒ほど書店に行ったのですが、最近はバックナンバーを置かなくなったんですね。知らなかった。出版社から取り寄せようかと思いましたが、4軒目ジュンク堂にはありました!

中国語の勉強でうきうきするのはいつ以来でしょうか。久しぶりにNHK講座に真剣に取り組んでいます。まずはひととおり聞き、つかみのひとことを覚え、次は聴写でもしようかな。

 

「中国語でPERAPERA北海道」

ええーっと、中国語の通訳・ガイド仲間で本を出版しました。

出版社のサイトはこちら

かつて仲間うちで勉強を兼ね、自費でガイド本を2冊作りました。このブログを通じて何人かの方にも買っていただきました。ありがとうございます!

その後も続きを作りたいねなどとのんびりしたことを言っていたのですが、縁あってそれがこんな立派な形で実現しました。

一緒に執筆したメンバー、出版社、編集、イラスト、デザインの方々に感謝感謝です。よくインタビューで「みんなの力でできました」というのを聞いて「優等生だなあ」などと思ったりしていましたが、ごめんなさい。その立場になると本当にそう思います。もしかしたら自分1人で出す本よりもうれしいかもしれません(1人で出したことがないからわからない)。

昨日の出版イベントにも80人もの方に来ていただきました。今は出来上がってぼーっとしています。これを機会に、またレベルアップして仕事にがんばりたいです。

新年

あけましておめでとうございます。

特にお正月らしいこともしませんが、初詣くらいは行こうかと。いつも行くのはちょっとした高台にある神社です。裏からはゆるやかな坂になっていますが、あえて正面階段から。この冬は早くから雪が深くて、かなり怖いです。

お参り、御神酒(金箔入り!)とおみくじ。去年は「小吉」で焦らずゆっくりとと書いてありましたが、今年は「中吉」で、年の後半から少し動きがある暗示です。

何があるかはわかりませんが、いいことがあるよう祈って。今年もがんばりましょう。

dsc_0776

 

『中国の論理 – 歴史から解き明かす』

この著者の本を続けて読んでいる。今、興味のあるテーマにぴったりだからという理由もあるんだけど、論旨が明快で、読んでいて気持ちがいいのが最大の理由かな。

これも「中国社会の二元化」という一貫した視点での中国史。見通しが明るくなる一冊だった。

「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

淡々としたドキュメンタリー。おもしろかったけど、スクリーンで見るほどではないかなあ。ドキュメンタリーそのものはテレビで十分という気がした。

とはいえ、カラスやドミンゴの声のすごさ! あと、聞いたことがなかったけどミレッラ・フレーニも素晴らしかった。やっぱりこの音響は劇場ならではですね。

師走

おかげさまで忙しいです。このところ翻訳が立て続けに入ってきて、しかも急がされる!

1件は10日ほど納期があったけど、途中でできた分を納品してくれというリクエスト。1件は1週間先から1週間かけて、と予約されていたけど、結局3日前倒し、さらに2日前倒し+半分ずつ納品という作業になりました。もう1件は中1日だったけどさほどの量ではなかったので引き受けたところ、作業中に追加が発生し、それでもなんとかやったら「追加分、間違えて昔のファイルを送ってしまったので、やり直してほしい」。ええ、やりましたとも、乗りかかった船なので。そして昨日さらにもう1件入りました。前の3件の最後が最終チェックをして納品というところまで来ていたので引き受けました。

師走は依頼が多いです。翻訳者は師ではないし、走ってもいない(座って仕事…)ですが。友人も「忙しい」と言っていたので、日本全国そうなんでしょう。でも今年は天皇誕生日と土日がくっついたので、この忙しさも連休前までかな。あと数日です!