ヨロヨロ

久しぶりに通訳。

あまりに久しぶりなので不安で、断ればよかったと思いながらスタート。案の定、最初のしゃべり出しはヨロヨロでした。過去に2~3回やった分野の視察だったので、資料は揃っていたし、どんな話が出るかの想像はついたので、そちらはあまり心配ではなかったのですが、中国語そのものが怪しかった。

でも(これもいつものことだけど)中国側にものすごく熱心で、視察時間に構わず専門的な質問をし続ける人がいました。時間の管理は受け入れ団体がするので考えないことにし、必死でくらいつきながら通訳していたら、だんだん調子が戻ってきました。

ほんと、通訳は場数です!

結局、最後の宴会では代表団の人が次々に「いい通訳ありがとう」と乾杯しに来てくれました。まあ社交辞令だとは思いますが、絶望的ではなかったようです。

別の案件の依頼もいただいたのですが、出張と重なって断念。せっかく調子に乗ったのでやりたかったんですけどね。また間があいて、次やるときにはヨロヨロからスタートかぁ…。

達成感とがっかりが同居した帰宅でした。

記念碑的

「記念碑的作品」ということばに、翻訳会社から「日本語として不自然」と言われてしまいました。

びっくり。私は全然おかしくないと思うんだけど。

言い換えてくれと言われればしかたないので、「不朽の名作」「エポックメーキングな作品」「歴史に残る作品」「一時代を画した作品」など、山ほど(イヤミかな)代替案を送っておきました。

ずっと以前、翻訳者さんのブログで、「『喫緊の』と訳したら、翻訳会社から『もっとわかる日本語にしてくれ』と言われた」という記事を読んだことがあります。私も「喫緊の」は違和感ないですが、業界によっては(アパレルとか、音楽とか、ITとか…)嫌うかもしれない。

実務翻訳やってると、業界(分野)の専門知識もそうですが、こういうことばの使い方にひっかかることがあります。ここはあえてカタカナ語にしたほうがいいのかな~とか。

あと、独特の言い回しもいやですね。「落とし込む」だとか、いまだになんでこんな言い方するのか、よくわかりません。

『美しい中国語の手紙の書き方・訳し方』

久しぶりに「新しい中国語のテキストは出ているかな」と探していたら、見つけました。

私の大好きな尺牘の本です!

尺牘関連はすでに2~3冊持っていて、いつか読もうと思ったきり積ん読なのですが、やっぱり欲しい…。

明日からちょっと出張なので、機内・ホテル読書用に1冊持って行って、少し罪滅ぼしをして買うことにしようっと。

デュアルモニター

細々とした仕事や用事でなんとなく忙しかったのですが、8月後半になってすっかり落ち着きました。

今こそ、ずっとやってみたかったことをやろう! それはパソコンのメモリ増設とデュアルモニター化です。

メモリは買ったときのまま8GB。officeとネットが中心なので困っていなかったのですが、先日photoshopのレイアウトつき翻訳をやったときに「もうちょっと余裕がほしいな」と思ったので、増設することにしました。

あと、デュアルモニター。翻訳作業はwordやら辞書(複数)やら参考資料のファイルやら開くウインドウが多いし、ブラウザのタブもものすごくたくさん立ち上げるので、「もっと大きいモニターが欲しい」「デュアルモニターにしたい」と憧れていたのですが、先日急に、以前使っていて処分しそびれていたモニターをつなげられるんじゃないの?と思いつきました。いや、絶対できるはず、むしろなぜ今まで気づかなかったんだろう。忙しいというのはそういうことなんですね。

まずは昨日、出かけるついでに立ち寄る方の家電量販店に行ってみました。でもスタッフがいないし、メモリも人気のない片隅にひっそり何枚かあるだけ。全然買う気がしません。そこで、うすうすはこっちのお店の方がいいんだよなと思いつつ、少し遠いのでいつも立ち寄らない方の家電量販店に行きました。そうしたらPC専門のスタッフが機種を聞いていろいろ調べ、たぶんこのメモリで問題ないと思うけど、できれば1回開けて何GBが何枚入っているか見て、もし今入っているメモリを持ってきてくれれば動作が安定するものを選びやすいですとアドバイスをくれました。うん、やっぱりこっちのお店の方がいい。

で、今日はパソコンを開けてメモリを抜き出し、帯電防止のピンクのプチプチに包み、パソコンの底の型番も写真に撮って一緒に持って行きました。昨日のスタッフの方がまたいて、メモリと写真を見てまたいろいろ調べ、32GBにもできると思うけど、この機種は4GBを2枚さして16GBにする方がいいですと言うのでその通りにしました。モニターをつなぐためにDVI→HDMI変換アダプタなども購入して帰宅。

前のPCの時にも自分でメモリを増やしているので、問題ないとは思うのですが、やっぱりドキドキしますね。メモリをさし、パソコンを閉め、周辺機器をつなぎ、サブモニター(昔のお古)もつないで電源を入れると…成功!

メモリもちゃんと16GBと表示され、とくに設定もしないのに勝手にデュアルモニターになっています。

やった! さっそく使ってみたい! いくつもウインドウを開いて使い勝手を確認したい!

でもできない。今仕事が入ってなくてヒマだから、パソコン周りをいじっていたんでした。残念。
 

微信支付

知人の紹介で中国から直接翻訳の仕事を承けました。少しだったし、承けたときにお金をどうもらうかは考えてなかったのですが(ぬるい…)、終わってみたら「中国の銀行口座か、微信支付で」とのこと。

中国の銀行口座は持っているのですが(こういう時のために作った)、本当に口座を作っただけなので使いづらい。ネットでいろんな操作ができるようですが、中国の携帯電話を登録したので、SMSで認証番号を送られてそれを入力しろと言われたらお手上げです。

結局、日本のクレジットカードと紐づけられる微信支付にしました。紐づけられても日本人が日本で支払いに使うことはできないし、日本のクレジットカードからチャージができるわけじゃないらしいので、翻訳料を受け取って中国に行ったときに使うことになると思います。今や微信支付ないと中国じゃ不便でしょうがないと聞くので、よかったかも。

微信支付やWeChat Payで検索をかけると、「メニューにウォレットがない」「誰かにお金を送ってもらわないとメニューが出ない」という書き込みが多いですが、私は今年の春節に外国の武術仲間が紅包をくれて、それでメニューが表示されました。金額、5元。そのときはアハハありがとうで終わったのですが、こんなことで役に立つとは…。

数年前に中国への送金をどうするか、人に頼まれて調べまくっていたことを思うと隔世の感があります。中国と仕事をするなら、今は微信と微信支付は必須です。